サーバー君

天然水は味が不安定?

ウォーターサーバーの天然水

各メーカーで様々な水を使っているけど、中でも「天然水」に魅力を感じる人は多いんじゃないかな?

天然って、高級感や贅沢なイメージもあるし、なにより新鮮で美味しそうだよね!

でも、天然水にはメリットもあればデメリットもあるんだ。

天然水とRO水の違いは?

まず、天然水とRO水の違いを知っておこう。

RO水は水道水などの水を使い、RO膜という特殊なフィルターで不純物をほぼ完全に排除している水だよ。

つまり、高い安全性が保障されいているということだね。

ただし、RO膜はミネラル成分も取り除いてしまうから、この点がデメリットだね。

ろ過したあとでミネラルを再び添加しているメーカーも多いよ。

天然水は、特定の場所の地下から採水した水で、ろ過や加熱殺菌など必要最低限の処理以外は行われていないよ。

ミネラルなど体に嬉しい成分はそのままだし、自然の恵みがたっぷり詰まっているまろやかな水なんだ。

天然水はいつも味が同じではない?!

天然水は採水時の天候や環境によって、水の味が微妙に変わるという特徴があるよ。

その点、RO水はいつでも安定した変わらぬ味だね。

味が変わるのは天然だからこその特徴であり、魅力でもあるけれど、ボトルごとに味が微妙に違っていたら少々不安になるかもしれないね。

安全性のチェックは必要不可欠!

天然水は、土壌汚染などの問題も気になるところ。

煮沸殺菌するとせっかくの豊富なミネラル成分が壊れてしまうから、煮沸殺菌をしているメーカーは少ないよ。

そのため、安全性のチェックは必要不可欠

採水場所はしっかり確認しておくことが大切だね。

放射能汚染、土壌汚染が危ぶまれる地域の水は選ばない!これが鉄則だよ。

自分で調べるだけでは限界があるかもしれないから、天然水を扱うメーカーに電話やメールで質問するのもお勧めだよ。