サーバー君

手軽に美味しいお茶を作りたい!自宅や会社で活用できるウォーターサーバーの選び方ガイド


ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かす手間がないから、日本茶や紅茶が簡単に作れちゃうよ。

より美味しく飲むためには、水質や温度にもこだわりたいよね。そこでここでは、味と香りを最大限に楽しむためのお茶の入れ方や、お茶の用意が時短でできてしまうサーバーの便利な機能について説明するね。

嗜好やライフスタイルに適したサーバーがあれば、喫茶店に行かなくても至福のティータイムが自宅で楽しめるはずだよ!

お茶を美味しく飲みたい!日本茶や紅茶にも合うおすすめのウォーターサーバー

お茶を美味しく飲む
日本茶は、茶葉を浸出させるお湯の温度によって味に変化が出るんだ。お茶の種類によって個性の違いはあるけれど、通常は高温だと渋味が強くなって、やや低温だとうま味が増すよ。

理由としては、渋味成分のカテキンは80℃以上で、うま味成分のアミノ酸は50℃以上で溶け出しやすいからなんだ。

渋味や苦味を生み出すカテキンは、抗酸化作用などに優れたポリフェノールの一種だよ。美容や健康を考えて日本茶を飲む人は、カテキンを多く含む茶葉を選んで高温のお湯で入れるといいね。

旨味の強い日本茶におすすめ!適温のウォーターサーバー

日本茶とウォーターサーバー
お湯のベストな温度は、新茶は70~80℃、上級煎茶は約80℃、普通の煎茶は90~100℃、ほうじ茶や玄米茶は約95℃、玉露は約60℃なんだ。

うま味成分が抽出されて、ほのかな渋味とのバランスも良くなるための適温ってわけだね。

サーバーのお湯を急須に直接入れるだけで、美味しい日本茶が作れると、時間も手間も省けるね。水道水を使用する場合は、カルキ臭を抜くために一度沸騰する必要があるけれど、良質のミネラルウォーターなら、沸騰させなくてもお茶の豊かな風味が楽しめるよ。

日本茶を美味しく飲みたい人におすすめのサーバーはこの2台!

フレシャスのサイフォンプラス

おすすめポイント
①レバーを押すだけで80~90℃の国産天然ミネラルウォーターが飲める!
②業界初のUV-LED殺菌機能のおかげで天然水は常に新鮮
③部屋の明るさに合わせて自動で節電できる光センサーが搭載されているので、節電が可能!

>>フレシャスのサイフォンプラスをもっと詳しく見る

サントリー天然水ウォーターサーバー

おすすめポイント
①4段階温度設定機能で通常モード85~92℃、弱温モード70~75℃の温水が飲める!
②サーバー内に熱水を循環させて天然水を雑菌から守る「おいしさキーパー」機能付き!
③「2重のチャイルドロック」機能で、小さなお子さんがいるご家庭でも安心!

>>サントリー天然水ウォーターサーバーをもっと詳しく見る

紅茶や香りを楽しむ日本茶におすすめ!温度の高いウォーターサーバー

紅茶 ウォーターサーバー
玄米茶やほうじ茶は、約95℃のお湯に短時間浸出させるのが理想だよ。
もともと含まれている渋味成分が少なく、芳醇な香りを楽しむことができるんだ。

紅茶は、沸騰に近い高い温度のお湯を注いで、茶葉によって2~4分間蒸らすのが英国スタイルだよ。高温でじっくり入れたほうが、香りとうま味が引き出されるんだ。

玄米茶、ほうじ茶、紅茶を美味しく飲むためには、ウォーターサーバーの通常温水の設定温度である80~90℃だと、少し物足りないかもしれないね。でも、再加熱機能が搭載されているサーバーなら、熱いお湯が用意できるよ。

熱いお湯でお茶を入れたい人におすすめのサーバーはこの3台!

サントリー天然水ウォーターサーバー

おすすめポイント
①温水85~92℃を含む4段階の温度設定に加え、再加熱機能も搭載
②「おいしさキーパー」機能のおかげで、南アルプスの天然水がいつでもフレッシュな味わいに!
③7.8Lの小型ボックスで交換も楽々!

>>サントリー天然水ウォーターサーバーをもっと詳しく見る

フレシャスのスラット

おすすめポイント
①通常80~85℃のお湯が、約3~4分で約90℃になるリヒート機能搭載
②サーバー内に温水を循環させるフレッシュ機能搭載で、富士山の天然水のフレッシュさをキープ!
③部屋が暗いとスリープ機能が発動し温水用ヒーターがオフになるため、節電が可能

>>フレシャスのスラットをもっと詳しく見る

アクアクララのアクアアドバンス

おすすめポイント
①湯温は85~90℃。再加熱機能搭載で、熱いお湯が最短90秒で用意可能!
②抗菌加工を施したエアフィルターを使用し、サーバーは常に衛生的
③「W省エネモード」搭載で月々の電気代が350円~と、業界最安値級!

>>アクアクララのアクアアドバンスをもっと詳しく見る

ウォーターサーバーを使った美味しいお茶の入れ方と注意点を解説

日本茶 美味しく飲む
日本茶を美味しく飲むためには、うま味・渋味・苦味のバランスが大切なんだ。
また、イギリスで万能に効く東洋の神秘として重宝された紅茶は、芳醇な香り、心地よい余韻を伴う味わい、褐色の美しい色を楽しむのが作法だね。

お茶の種類によって美味しい入れ方の注意点は違うよ。それぞれ見ていこう。

美味しいお茶の入れ方:日本茶編 ①「うま味を楽しむ玉露」

玉露を美味しく飲む
玉露のような高級茶葉は、60℃ほどの低温に2分ほど浸出させてうま味を引き出すのが流儀だよ。

玉露に含まれるうま味成分で、ストレス緩和や疲労回復の効果も期待できるテアニンは、低温のお湯にゆっくりジワジワと溶け出すからなんだ。逆に温度が高すぎると、渋味が強くなってしまうから気を付けよう。

水は硬度30~45mg/Lの軟水が理想的だよ。日本茶の場合、硬度が高いとうま味成分が引き出しにくくなって、硬度が低いと香りが抽出されにくくなるよ。

ウォーターサーバーの温水の設定温度は80~90℃、エコモードや弱温設定だと70~80℃が一般的だから、玉露の茶葉を入れた急須に直接注いでしまうにはちょっと熱すぎるね。

そんなときは、サーバーのお湯をまず湯飲みに注ぎ、それからその湯を急須に移すといいよ。

このひと手間によって、お湯の温度が下がって玉露のうま味を引き出しやすくなり、湯飲みも温められるから一石二鳥だよ。

美味しいお茶の入れ方:日本茶編 ②「香りを楽しむほうじ茶、玄米茶など」

ほうじ茶玄米茶を美味しく飲む
ほうじ茶や玄米茶などの番茶は、苦味のもとになるカフェインが少ないから、高温のお湯に浸出させても苦味が出ないのが特徴だね。むしろ高温だと香りが際立つんだ。

水の硬度が高いと渋味が出るから、硬度20~40mg/Lの軟水がおすすめだよ。

ウォーターサーバーのお湯を使うときは、再加熱機能を使って熱々にするか、通常の温水を電子レンジでさっと沸点まで加熱するといいね。

ちょっとしたひと手間だけど、水道水やペットボトルの水を沸かすよりは時短だし、ほうじ茶や玄米茶の味と香りのハーモニーを楽しむために有効な工程だよ。茶葉を30秒ほど浸出させれば出来上がり。

浸出時間は長すぎると味が濃くなるから短めが理想だけど、お好みで調節してね。

美味しいお茶の入れ方:紅茶編 「香りと渋み、色を楽しむ紅茶」

紅茶を美味しく飲む
紅茶の持ち味と香りを最大限に引き出すには、高温のお湯の中で茶葉を躍らせるようにして浸出するといいよ。お湯の中で葉を回転するようにして浮き沈みさせることを「ジャンピング」っていうんだ。

紅茶の葉は、しっかり蒸らす必要があるから、お湯を注いでから3~5分、葉によっては8分待ってからカップに注ぐといいよ。

その間にお湯の温度が下がってしまうと渋味が強くなってしまうから、保温性のあるポットカバーをかぶせるのがおすすめ。ちなみに、ウォーターサーバーの平均的な温度は80~90℃だから、紅茶を美味しく入れるには少し温度が低いかも。

入れる際は、お湯を再沸騰させるかレンジで温めなおすと、より紅茶の美味しさが増すよ。

理想的な水の硬度は、茶葉の種類によって異なるけれど、コクのある味わいで濃い茶褐色が特徴のアッサムなど抽出能力が低めの葉は硬度が高めの水を、色は薄めで爽やかな香味が特徴のダージリンなど抽出能力が高い葉は硬度が低めの水を使うといいよ。

イギリスの水道水などは硬水だから、英国産の紅茶は硬水で入れると美味しくなるといわれているね。

ただ日本の水道水やウォーターサーバーで一般的に飲める水は軟水なんだ。軟水で入れた紅茶は、シャープな香味になって、それもまた魅力的だよ。

【コラム】ウォーターサーバーはコーヒーに適しているのか?

ドリップコーヒーの味はお湯の温度によって仕上がりが変わるんだ。95℃以上の高温で抽出すると、苦みの強いシャープな味わいになって、75℃以下の低温で抽出すると酸味のあるまろやかな味わいになるよ。

インスタントコーヒーを入れる適温といえば、80~90℃だよ。

また、水の硬度によっても味の好みが左右されるよ。ミネラルの含有量が少ない軟水は苦味よりも酸味が際立つまろやかな風味が楽しめ、ミネラルが多い硬水は苦みと焙煎の香りが楽しめるんだ。

味覚センサーが「美味しい!」と感じるお湯の温度や硬度を把握しておくといいね。口当たりがよく苦味の少ないまろやかなコーヒーを入れたいときは、軟水を選ぶといいよ。

ウォーターサーバーの水は軟水で、通常の温水設定温度は80~90℃。サーバーの温水を直接ポットやカップに注げば簡単にコーヒーができるから、気軽にコーヒーブレイクしたい人にウォーターサーバーはもってこいだね。

いつでも手軽に使えるために。気を付けておくと良い3つの観点

ウォーターサーバーで美味しいお茶や紅茶を飲むためには、お湯の温度や入れ方が大切だってことが、よく分かったかな。

ウォーターサーバーを選ぶとき、温水の設定温度がどれくらいなのかにも気を付けた方がいいんだね。でも実は、手軽に美味しいお水を飲むためには、注文方法やサーバーの電気代、水代などにも気を配った方がいいんだよ。

次で詳しく見てみよう。

使いたいときに使いたい量を!適量と注文方法について知ろう

1ヶ月の水の消費量
1カ月当たりの水の消費量は、もちろん個人差があるけれど、1人暮らしだと12リットル3人家族なら12リットルの容器を3~4本が目安だよ。

>>水の消費量の詳細はこちらをチェック!

ウォーターサーバーをレンタルするに当たって、水の最低注文量を定めているメーカーもあるよ。

サーバーのレンタル費用が無料になる代わりに、一定量の水を注文してね !という約束事のようなものだけど、ノルマが負担になってしまわないためにも、あらかじめそのルールを知っておこう。

>>ウォーターサーバーのノルマの詳細はこちらをチェック!

いつでも美味しいお水を!品質を保つにはメンテナンスが必要

ウォーターサーバーのメンテナンス
新鮮で美味しいお水がいつでも飲めるのは、ウォーターサーバーが衛生的に保たれ正常に機能しているおかげだよね。

機種によっては、自動でお掃除できるオートクリーンシステムが搭載されていることもあるけれど、雑菌が繁殖しやすい所をこまめに掃除するといったお手入れは不可欠だよ。

専門業者によるメンテナンスを定期的に受けられたら心強いね。ウォーターサーバーのメンテナンスの詳細はこちらをチェック!

長く使うために。電気代と水代、維持費のバランスをとろう

ウォーターサーバーを愛用し続けるにあたって、ランニングコストも気になるところだよね。

サーバーの維持費として必要になるのは、サーバーのレンタル代、水のボトル代、電気代、メンテナンス料金だね。

例えば電気代は月あたり350~1,000円と、機種によって大きな差があるよ。
ウォーターサーバーを新規で導入するときは、お財布に負担がかからない機種やプランを選びたいよね。

>>ウォーターサーバーの維持費の詳細はこちらをチェック!

まとめ

良質の水がいつでも飲めるウォーターサーバーは、日本茶、紅茶、コーヒーの香味にこだわる愛飲家にとっても心強い存在だよね。

サーバーの温度設定機能を駆使すれば、簡単に美味しいお茶やコーヒーが入れられるよ。

ただ水のクオリティーや温度ももちろん重要だけど、機種の使い勝手、ランニングコスト、メンテナンスなども考慮して、これぞという機種を選ぼうね。

>>条件ピッタリ!あなたが’本当に欲しい’ウォーターサーバーを見つける