サーバー君

地球環境問題が注目されている今みんなができることは?

地球環境問題が注目されている今みんなができることは?

地球温暖化や森林の破壊、砂漠化などの地球環境問題が深刻な状況になっている現代社会。
その原因は人間社会が及ぼした地球の営みに対する過度の負担ではないでしょうか?
ニュースなどの報道では、100年後には取り返しのつかない状況になると伝えられています。私たちの子孫に今ある地球を残す為には、「このままではいけない」ということは分かっています。では実際に、環境問題に取り組んでいるいる人達はどれくらいいるのでしょうか?

【質問】

環境問題で何か取り組んでいることはありますか?

【回答数】

環境問題で何か取り組んでいることはありますか?グラフ

ある:85
ない:15

個人の意識が!地球環境問題を変える一歩

アンケートの結果、最も多い回答が「ある」でした。

  • 普段はなるべく節電につとめている。無駄な電力は使わないようにしている。(20代/女性/学生)
  • リサイクルに協力し、ごみを分別、町内会の軒下回収にも参加しています。(60代/男性/無職)
  • ごみを少しでも減らすために、服などはNPO団体などのボランティアに送り、海外に持って行ってもらっている。 食器を洗うのに洗剤を使っていない。(30代/女性/パートアルバイト)
  • ゴミを分別して捨てるようにしていますし、電気や水はまめに止めるようにしています。(40代/男性/会社員)
  • ペットボトルや瓶、缶のごみの分別。新聞は回収してもらう。不要の服は買取ってもらう。(40代/女性/会社員)

具体的に行っている事は、節電、リサイクルやごみの分別など、「資源」関係する問題への取り組みでした。
特に、目立つ意見が「ペットボトルのリサイクル」。今や、水も水道水ではなくてペットボトルで飲む時代。その分、ペットボトルの使用量が増えてしまい、資源の問題へと進展しています。資源をムダにしない様、リサイクルや節約を心がけることを「環境活動」として行っている人が多いようです。

どんなことが環境活動?何もしない理由とは…

一方で、「しない」と答える人もいるのは事実です。

  • 環境問題は色々知っていますが、特にできることはないと思っています(30代/女性/会社員)
  • 個人で環境問題に取り組む方法が分からないからです。ゴミはできるだけ減らしたいとは思っています。(40代/女性/専業主婦)
  • 環境問題で何か取り組んでいることは特にないのではないかと思います。(50代/男性/会社員)

環境活動を行わない理由に「何をしたらいいかわからない」とのことが多い結果でした。
環境活動をしない人でも、環境問題に関して無関心ではありません。ただ、具体的にどんな活動が環境に良いのかが分からない為、行動に移せないようです。もし、具体的に効果のある環境活動を知ってしまえば、そういう人達でも行動を起こすことが出来るのではないでしょうか。

身近でできる環境問題対策は?まずは資源のムダ使いの見直しから

アンケートの結果、大部分の人達が環境問題に対して普段から取り組んでいることがわかりました。さらに、今は活動していない人達の中でも、その方法が分かれば取り組むとの意志を示している人達も多くみられます。
身近でできる事として、「ムダ使いをしない」ということが一番取り組みやすいようです。地球の資源は限りあるものです。このままの生活を続けたら、地球が約2.3個必要だとの話もあります。次世代に地球の資源を残す為に、今一度、生活にムダがないかを見直してみる必要があるかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年01月14日~2016年01月28日
■有効回答数:100サンプル