サーバー君

【ウォーターサーバーでミルク作り】安心なお水で簡単にできる。赤ちゃんのミルク作り方とおすすめウォーターサーバー

知ってた?ウォーターサーバーは、育児や家事に奮闘するママの心強い味方なんだよ!

ウォーターサーバーで飲める天然水やミネラルウォーターはきちんと殺菌処理されていて安全性が高いから、赤ちゃんが飲むミルク作りにも最適だね。

雑菌やほこりが入らない状態で水のボトルをセットできるし、クリーニング機能が搭載されたサーバー本体は常に衛生的だから安心さ。

それにウォーターサーバーの温水はそのままミルク作りに使えるから、お湯を準備する手間も時間も省けてラクラク。実用性が高いウォーターサーバーは、忙しいママをしっかりサポートしてくれるよ。

赤ちゃんのミルクには安心なウォーターサーバーを使った軟水の天然水がおススメ

大切な赤ちゃんが飲むものだから、粉ミルクの調乳に使う水は、慎重に選びたいよね。衛生面はもちろんだけど、水に溶け込んだ成分にも注目しよう。

なぜ赤ちゃんには軟水がいいの?お水のミネラル成分と体への影響

ウォーターサーバーや市販されているペットボトルで飲めるミネラルウォーターと天然水は、含まれるミネラル成分の量によって、2タイプに分けられるんだ。

1リットルあたりのミネラル含有量が120mg以上を硬水、120mg未満を軟水と呼ぶよ。
硬水は、マグネシウムやカルシウムを補給したい大人には好都合だけど、赤ちゃんには実は不向きなんだ。

乳幼児向けの粉ミルクにはすでにミネラルが含まれていて、ミネラルを多量に含む水に溶かしてしまうと、赤ちゃんの未発達な胃腸や肝臓には負担が大きくなってしまうんだ。

最悪な場合、下痢や腹痛の原因になってしまうことも。だから、赤ちゃんのミルクには軟水が理想だよ。

0.0001ミクロンという超微細孔のフィルターRO膜でろ過したRO水も、赤ちゃんに最適だよ。
不純物を徹底的に取り除いたピュアな水だから、安心して飲めるね。

ウォーターサーバーで飲めるRO水は、ミネラルを添加して整水してあるのが一般的だけど、赤ちゃんの身体に負担がかかるほどの量ではないので安心。

日本の水道水は高い水質基準をクリアしているから、飲料水として適切だとされているけど、赤ちゃんに与えるのは抵抗があるという人も多いんじゃないかな。

あと大型スーパーなどで無料配布されている水があるよね。
良質の水を提供しているところもあるけど、スーパーによって質にばらつきがあり、衛生面が徹底されていない場合もあるから、赤ちゃんに飲ませるのはあまりおすすめできないな。

水道水、天然水など選択肢は複数あるから迷ってしまうよね。それぞれの特徴を比べてみたから、赤ちゃんのための水選びの参考にしてね。

水の種類 赤ちゃんへの適度 特徴
水道水 水質は問題なし。ただし水道管が古いと鉛が混入するリスクあり。
また集合住宅などで給水方式を採用している場合も水質維持が困難に。
浄水器 有害成分も栄養成分も除去されるので大丈夫
ミネラルウォーター・硬水 × ミネラルの過剰摂取に要注意
ミネラルウォーター・軟水 1Lあたりのミネラルの量が120mg以下なら安心
RO水 RO膜でろ過すると、不純物が含まれないほぼ純水になるので安心

ウォーターサーバーは本当に安心?お水の衛生管理と安全性

ウォーターサーバーの水とサーバー本体のクオリティーを確認して、ウォーターサーバーが赤ちゃんにとって本当に最適なのかどうかを検証してみよう。

◇水
ウォーターサーバーのレンタルサービスを提供している会社は、どこもこだわって水を厳選し、水質管理も徹底しているよ。

いくつか例を挙げてみるね。

アルピナウォーター アルプスで採水した天然水をRO膜でろ過し、分子レベルまで磨き上げたピュアウォーター。
純水に近い超軟水で、口あたりがまろやか。
コスモウォーター 3つの採水地で毎日採水している天然水は、モンドセレクション金賞受賞。
天然の軟水が評価され、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2017年で入賞したことも。
ハワイウォーター ハワイを水源地とする天然水を、RO膜でろ過して不純物を99.99%除去。
最新鋭設備が導入された工場の無菌室でボトル詰めしたピュアウォーター。
プレミアムウォーター 富士山、南阿蘇、金城で採水された軟水。
天然のおいしさ成分を守るため、あえて非加熱処理にこだわり、
4段階のフィルターで不純物と雑菌を徹底除去。
フレシャス 富士の天然水など3種の軟水を採用。
富士は、食品安全を目的とした国際規格の認証をウォーターサーバー専業メーカーとして
初めて取得した工場でボトリング。

ろ過して不純物を取り除かれていたり、きちんと殺菌処理されていたりと、水質には細心の注意を払っているから安心だね。
上質な水は、赤ちゃんだけでなく家族全員の健康促進をサポートしてくれるよ。

◇サーバー
どんなにピュアでフレッシュな水でも、それをサーブする装置が不衛生だったら台無しだよね。
そこで例としていくつかのウォーターサーバーの衛生管理についてまとめてみたよ。

フレシャス クリーニング機能搭載のサーバーは、ボタン一つで機能が発動し、
温水をサーバー全体に循環させて内部を自動洗浄して衛生的な状態に。
コスモウォーター 外気に含まれる雑菌が水に入り込むのを阻止するため、
サーバー内に入るわずかな空気も徹底浄化する特許技術「クリーンエア」を搭載。
天然水は最後の一滴まで新鮮な状態をキープ。
アクアクラ 抗菌加工を施したエアフィルターを使用し、外気に含まれるちりや雑菌をシャットアウト。
サーバー内部は、常に清潔に。
サントリー天然水 「おいしさキーパー」と称した独自のクリーン機能搭載。
1日1回熱湯を循環させて雑菌処理するので、サーバー内は清潔。

日頃のお手入れとして、水受けトレイに溜まった水はこまめに捨てて、注水口をアルコール除菌シートなどで拭いておくといいよ。

また、サーバー本体の衛生面に加えて、水の容器にもこだわってみよう。

「ボコボコ」と外の空気が入り込むタイプのボトルでは、大気中に含まれる雑菌や小さなホコリが混ざってしまうリスクが。水が減るごとに容器がへこんでつぶれていくエアレスなボトルだと、水質のキープが可能だよ。

ママもラクラク。ウォーターサーバーで作る赤ちゃんのミルク

赤ちゃん用のミルク作りは手間がかかるし、作り置きができないから忙しいママは大変だよね。

粉ミルクは赤ちゃんにとっての重要な栄養補給源だから、きっちり計量して、衛生面にもきちんと注意を払って準備する必要があるよ。

お湯もお水もそのまま使える!簡単ミルクの作り方

<ミルクの通常の作り方>

1.計量スプーンで規定量を哺乳びんに入れる
2.一度沸騰させた熱湯を70℃まで冷やし、出来上がり量の2/3まで入れて、よくシェイクする
3.粉が溶けたら、残り1/3の量のお湯を足して、軽くシェイクする
4.腕の内側に落としてやや暖かいと感じる温度(約40℃)にまで冷やせば出来上がり。急いで冷やしたいときは、哺乳びんの外側に氷や冷水をあてるのが得策

だけど、ウォーターサーバーなら、温水と冷水を哺乳びんに直接注いでミルクが作れるから簡単さ。お水は殺菌処理済みでそのまま使えるので、煮沸はいらないので安心だよ。

<温水機能が搭載されたウォーターサーバーを使ったミルクの作り方>

1.計量スプーンで規定量を哺乳びんに入れる
2.サーバーのお湯を出来上がり量の2/3まで入れ、よくシェイクする
3.粉が溶けたら、残り1/3の量の冷水をサーバーから入れ、軽くシェイクすれば出来上がり

ポットや電気ケトルよりもっと時短!ウォーターサーバーのメリット

粉ミルク作りに70℃のお湯を使用するのは、粉を溶けやすくするのはもちろん、水や粉ミルクに含まれる細菌を死滅させる目的があるよ。

ウォーターサーバーの温水は、機種によって若干の差はあるけれど、70~80℃に設定しているから好都合だね。
ポットや電気ケトルだと、ひとたび沸騰させた湯を冷ましてから使用することになるから、手間がかかってしまうね。

それにサーバーの冷水を直接注いで粉ミルクが仕上げられるから、冷ます時間が短縮できて、忙しいママも空腹の赤ちゃんもうれしいね。

ウォーターサーバーを使うことによって、煮沸の手間がなくなり、沸騰させた熱湯が冷めるのを待つ必要がなくなるよ。さらに出来たての熱いミルクが冷めるのを待つ時間も短縮できるんだ。これだけで、7~8分の差は出るよね。

ウォーターサーバーのおかげで短縮できる時間が、1回のミルクの準備でたった7~8分と思うかもしれないけれど、赤ちゃんがミルクを飲むのは、新生児で1日6~8回、1歳児でも3~4回。ミルクは作り置きができず、毎回用意しなければならないことを考えると、かなり大きいよね。

特に、家事やおむつ替えでてんてこ舞いのときや、少しでも睡眠時間を確保したい夜中など、ママは助かるんじゃないかな。

煮沸が必要な水道水とは異なり、サーバーの水はほぼ無菌で、温水でも冷水でもそのまま赤ちゃんが口にして問題ないから、安心してミルク作りができるんだ。

ペットボトルでも良質なミネラルウォーターが飲めるけど、頻繁に買い足さなければならないし、備蓄用スペースを確保しなければならないから、面倒だと感じる人も多いんじゃないかな。

ウォーターサーバーが自宅にあれば、いつでも新鮮な水が身近に確保できるから便利だね。

赤ちゃんのミルク作りにおすすめのウォーターサーバー

少しでもリーズナブルに、少しでも好条件でウォーターサーバーを利用したいと願うママに朗報だよ!

妊婦さんや赤ちゃん・幼いお子さんがいる家庭を対象とした特典付きのウォーターサーバーがあるんだ。

少しでもお得にレンタルしたい!赤ちゃん特典付きで選ぶウォーターサーバー

特典内容や、サーバーの特徴をまとめてみたから、ぜひ参考にしてみてね。

メーカー名 対象者 特典内容 ママと赤ちゃんに嬉しい機能
クリクラ 妊産婦~1歳未満の子どもがいるママ ボトル(12L)3本無料、サーバー2カ月間貸し出し無料 温水/冷水機能、温水コックにチャイルドロック機能
アクアクララ 妊産婦~3歳未満の子どもがいるママ 通常価格3,600円のボトル(12L)が1,200円(3本)に、継続契約をすれば無料ボトルチケット5本分プレゼント 温水/冷水機能、オートクリーン機能、チャイルドロック機能
プレミアムウォーター 妊産婦~5歳以下の子どもがいるママ 初期費用無料、月々のサーバーレンタル料800円が500円に(初月無料・3年間有効) 温水/冷水機能、チャイルドロック機能、加熱クリーンシステム

ウォーターサーバーを選ぶときは、サーバーのレンタル料と水の料金などコストも気になるところだけど、サーバーに搭載された機能にも注目しておこう。

温水と冷水の両方がサーブできるとミルク作りが簡単になるし、ボトル内のクリーン機能があれば水質変化の心配が解消されるね。

チャイルドロック機能も、赤ちゃんや幼いお子さんがいるご家庭にはマストだよ。いたずらによる誤作動が防止できるから、ママは安心だね。

やっぱりデザインも捨てがたい!おしゃれも兼ね備えたおすすめのウォーターサーバー

ウォーターサーバーはお部屋に設置して毎日使うものだから、機能性だけでなく、見た目にもこだわりたいよね。

一昔前までは、ウォーターサーバーといえば無機質なデザインが多かったけど、最近は、インテリアのアクセントにもなるおしゃれなモデルが続々登場しているよ。

デザイン性の高いサーバーは、お客さんにも自慢できちゃうね。才色兼備のウォーターサーバーを紹介するね。

メーカー名 サーバー名 デザイン 機能
フレシャス デュオ 横幅の狭いスリム設計。
曲線×直線のラインが美しい。
給水ボタンと給水部が上部にあり、いたずら防止ができ、腰をかがめることなく水のサーブも可能
3つの採水地から選べる天然水
(1,140円~/7.2L)
温水/冷水
3種類の省エネモード
フレシャス スラット シンプルでスタイリッシュ。
ボトル収納位置が足元なのでセットが簡単。
マットホワイト・マットブラックの2色展開
富士の天然水
(1,506円/9.3L)
70℃温水/冷水/高温水
スリープモード
チャイルドロック
プレミアムウォーター カドー シャープなデザインとシックな色使いが特長。
ボトルが下置きなので、セットが楽々
3つの採水地から選べる天然水
(1,520円~/12L)
温水/冷水/再加熱(90℃)
エコモード
加熱クリーンシステム
チャイルドロック
プレミアムウォーター スリムサーバーIII 色使いが美しい、スリムな設計。
水の残量が一目で分かるのも便利
3つの採水地から選べる天然水
(1,520円~/12L)
温水/冷水
チャイルドロック
エコモード
コスモウォーター スマートプラス ミニマルでコンパクトなデザイン。
足元のバスケットにセットするだけで簡単にボトル交換が可能
最寄りの採水地から直送される天然水
(2,052円/12L)
温水/冷水
エコモード
チャイルドロック
自動クリーニング

フレシャスのデュオとスラットは世界的に活躍するプロダクトデザイナーの安住伸氏が設計を手掛け、いずれもグッドデザイン賞を受賞している優れものだよ。

ここに紹介した5つのウォーターサーバーすべてが、飲み終わったボトルの回収不要なワンウェイ式を採用しているよ。

空になったボトルやパックは、つぶして捨てるだけ。
回収日時を気にする面倒が省けるだけじゃなく、たった1回の使いきりの容器だから衛生的だよね。

少し前までは、ウォーターサーバーといえば贅沢品という印象があったかもしれないけれど、近頃は各メーカーの価格競争も激しく、コストパフォーマンスに優れたサーバーがたくさん。

一般家庭への普及率も上がっているんだ。

まとめ

ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りや家族の食事の支度が素早くできるようになるから、ママは大助かりだね。

良質な水を毎日飲み続けることは、健康維持・美容促進にもつながるから、赤ちゃんだけでなく家族全員に最適だね。

ウォーターサーバーがあれば、快適なヘルシーライフが送れるはずだよ!

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りに必要!ペットボトル、浄水器比べると価格以上のメリットあり。」でより詳しく紹介しているから、よかったら読んでみてね!