サーバー君

転倒防止の工夫

ウォーターサーバーのデザインは転倒しやすい・・・!?

ウォーターサーバーのデザインの特徴はなんだろう?

目で見てすぐに分かる特徴が、背が高いということ。

そして、ウォーターボトルを上部にセットするタイプが多くて、上部に重みがあることが挙げられるね。

これらの特徴をよく考えてみると、地震が起こったときなどに転倒しやすいという不安要素に繋がらないかな?

いつ起こるか分からない震災。

ウォーターサーバーを設置するときは、いざという時も安心していられるように、転倒防止策を考えておくことも大切だね。

メーカーの転倒防止策と、自分でできる対策

メーカーでもサーバーに転倒防止策を施しているよ。

サーバーの本体の裏側などにハーネスが搭載されていて、壁とハーネスを繋いで転倒を防ぐ方法をとっているメーカーが多いよ。。

もし本体にハーネスが付いていない場合には、自分自身で転倒防止対策を行うことが大切だね。

ホームセンターなどで売っているワイヤーや壁止めのビスを使えば、手軽に対策を施せるからお勧めだよ。

ただし、サーバーをレンタルしている以上は、サーバー本体に傷をつけることがないように気をつけたいね。

また、ワイヤーよりももう少しお手軽な方法に、耐震用のジェルマットがあるよ。

耐震用のジェルマットをサーバーの下に敷いておくだけだから、手軽だよね。

ただし、サーバーを持ち上げるときは、人の手を借りるなどして、怪我などに十分気をつけよう。

それでも不安な人は、床置きタイプよりも卓上タイプがお勧め

サーバーには床置きタイプと卓上タイプがあるけど、転倒に強いのは卓上タイプ。

高さがないから安定感があるんだ。

どうしても不安が大きい人や、転倒防止策をうまく施せない場合には、卓上タイプを選んでおくと安心感が高まるね。