サーバー君

ウォーターサーバーのデメリットは?トータルコストを抑えてウォーターサーバーを選ぶコツ

ウォーターサーバーがあれば便利だと感じる半面、高いイメージがあって契約をためらってしまうという人は多いんじゃないかな?

「コストがかかる」
「場所を取る」
「安全面や衛生面に不安がある」
などのデメリットから、ペットボトルのミネラルウォーターを購入しているという人も多いと聞くよ。

でも、ウォーターサーバーのデメリットをきちんと把握して、それを解消することができれば、不安や心配もなくウォーターサーバーを導入できるんじゃないかな。

そこで今回は、ウォーターサーバーのメリットとデメリットを徹底解説するよ。

その上で、費用を抑える方法や安全面、衛生面に配慮したウォーターサーバーの選び方など、デメリットを解消するためのポイントを紹介するから、ぜひ役立ててね。

メーカーごとの特徴や違いもリストで紹介しているから、きっと自分に合ったウォーターサーバーを見つけられるはずだよ。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーは、好きな時に好きな量の飲み物を好きな温度で飲めることが最大のメリットだといえるよ。

一方で、デメリットもいくつかあるんだ。

契約した後に、「こんなはずじゃなかった…」ってならないように、しっかり確認してね!

早速、ウォーターサーバーのメリットとデメリットを詳しく見ていこう!

ウォーターサーバーのメリットとは?気軽にいつでも適温ですぐ飲める

1.自由なタイミングで適温を適量飲める

ウォーターサーバーはすぐにお湯や冷水が飲める

多くのウォーターサーバーでは、冷水も温水もすぐに使えるようになっているよ。

暑い時にいつでも冷水が飲めるのはうれしいよね。

それに、コーヒーやお茶もお湯を沸かさずすぐに飲めるから忙しい朝も楽ちん。

中には、常温の水が出せたり、温度調整ができたりするウォーターサーバーもあって、それは赤ちゃんのミルク作りにも使えるから、ママは大助かりなんだ。

2.お水の種類を選べる

ミネラルウォーターや天然水、RO水と呼ばれるお水など、いろいろな種類があるよ。

例えば、RO水は、衛生面に配慮しながら特殊なろ過処理をすることで水道水の不純物を取り除いたお水なんだ。

水道水を飲むことに抵抗がある人も安心だね。

お水の種類が違うと含まれる栄養素(ミネラル成分)や硬度、味わいも変わるんだ。

自分好みの美味しいお水を選べることも、ウォーターサーバーのメリットだよ。

3.お水を運ぶ手間がない

ワンウェイ方式 リターナブル方式

ペットボトルのお水を買っている人は、重たいお水を運ぶのも一苦労だよね。

ウォーターサーバーの場合は、お水を配達してもらえるから運ぶ手間を削減できるよ。

基本的には、各家庭のお水の消費量に合わせた定期購入制度が採用されているから、お水の買い忘れや、注文し忘れの心配もないんだ。

重たいお水を玄関先まで届けてもらえるなんて、すごく便利だよね。

ちなみに、お水の配達にはワンウェイ方式とリターナブル方式の2つの配送方式があるよ。

ワンウェイ方式(使い捨て型)
・使い捨てのワンウェイボトルを配送する方式

 

・使い終わったボトルはごみとして廃棄

 

・外出が多い人やボトルの保管スペースがない人におすすめ

 

・配送は主に宅配業者が担当

 

リターナブル方式(回収型)
・再利用できるガロンボトルを配達して、使用済みボトルを回収する配送方式

 

・リサイクルに関心があり、ごみを減らしたい人におすすめ

 

・主に自社配送なので何かあった場合は相談が可能(配達エリアに注意)

 

4.ごみの量を削減できる

ペットボトルよりもごみの量が減るから、ごみ出しの頻度を減らせるよ。

配達されたボトルの処理方法は主に2つ。配送方式によって変わるから、自分にあった方法を選ぼうね。

ワンウェイボトル(ワンウェイ方式)
使い捨てなので、空き容器はごみとして捨てる必要があるよ。ワンウェイボトルは小さく潰して資源ごみとして出せるものがほとんどだから、ごみの量はかさばらないのが特徴なんだ。
 
ガロンボトル(リターナブル方式)
空き容器は業者が回収して再利用されるから、ごみが出ないことが特徴なんだ。例えば、12L容量のガロンボトル1本を使うことで、2Lのペットボトルなら6本分、500mlのペットボトルなら24本分のごみを削減できるよ。

 

5.備蓄水になる

ウォーターサーバーは備蓄水にもなる

地震などの災害時、ウォーターサーバーのお水は備蓄水として活用できるよ。

大きな災害時は停電や断水によりライフラインに影響が出てしまうことが懸念されるよね。

特に、水の供給が遅れることは命に関わる重要な問題。

東日本大震災を境に万が一の備えに意識が高まってきているけれど、そんな時、ウォーターサーバーを導入していると生活水や飲み水として予備ボトルのお水を使えるよ。

近年は停電時でもお水(常温)を出せるウォーターサーバーも開発されていて、給水コックを手でひねったり押したりするタイプのものは使えるみたい。

その他にも、ボトルに直接、非常用コックを取り付ければ、使えるものもあるんだ。

ただし、給水方式がボタンタイプの電子式のサーバーは停電時にお水を出すことができないから、注意して選ぼうね。

ウォーターサーバーのデメリットとは?費用、設置場所、安全面や衛生面

いつでも美味しいお水が飲めるウォーターサーバーだけど、便利なものには使っていく上でのデメリットや注意点がつきもの。みんなが気になるデメリットを順番に紹介していくよ。

1.ウォーターサーバーの費用

ウォーターサーバーは24時間稼働させる

ウォーターサーバーは冷水とお湯を同時に使える機器がほとんどで、この冷水・温水機能を維持するためには24時間稼働をさせておかなければいけないよ。

つまり、ウォーターサーバーにかかるお金はお水の代金だけではないんだ。

ウォーターサーバーを維持するためにかかるランニングコストについて、理解を深めておこう。

ランニングコスト

ランニングコストには、初期費用、お水代、電気代、メンテナンス代などが含まれるよ。

このほか、契約期間が決められていることが多く、期間内に解約すると解約料金がかかってしまう場合も。

ランニングコストは選ぶメーカーや機器、お水の種類によっても前後するから、メーカーや契約内容の比較を慎重に行おう。

2.設置場所

ウォーターサーバーには冷却機能が備わっているから機器の背面や側面にもある程度の空間を取って、サーバーの大きさよりも余分に設置スペースを確保する必要があるんだ。

サーバーの大きさはメーカーや選ぶ機器によっても異なるけれど、例えば、サーバーの高さは床に置くタイプなら100~120cm、卓上タイプなら50~80cm程度だよ。

スペースを確保する時はそれぞれプラス50cmくらい確保するのが一般的。

ボトルの交換時などで、上部に空いたスペースが必要な場合もあるから注意してね。

そのほか、ウォーターサーバーの設置に適さない場所があるから、事前によく確認しておこう。

ウォーターサーバーの設置を避けるべき場所
ウォーターサーバーの置き場所
  • 屋外
  • 熱源から近い場所
  • 直射日光が当たる場所
  • 湿度が高い場所
  • コンセントから遠い場所(延長コードの使用は避けた方がよい)

ウォーターサーバーの導入を検討する時は必ず設置場所の条件(広さ、高さ)を確認して、クリアすることが大切だよ。

3.安全面と衛生面

安全面
ウォーターサーバー チャイルドロック機能

小さな子どもがいる家庭では、安全面に不安を感じてしまうよね。

特に、幼児が関わる事故は実際に報告もされていて、ウォーターサーバーの導入を踏みとどまっているという人も多いんだ。

幼児が関わるトラブルには下のようなケースが考えられるよ。

  • 温水のレバーを触って火傷をしてしまう
  • サーバーが転倒して下敷きになってしまう

こういったトラブルが起きないように、各メーカーでは小さな子どもがいる家庭にはチャイルドロック機能付きのサーバーを推奨しているよ。

安全面に配慮されたサーバーを選ぶことはもちろんだけど、設置場所や子どもに触らせないための工夫を取り入れていきたいね。

衛生面

毎日口にするものだからこそ、衛生的なお水を飲みたいし、飲んでほしいよね。

ウォーターサーバーのお水は、ろ過などの処理で不純物が取り除かれてたり、きちんと殺菌処理がされていたり、安全管理が徹底されたお水だよ。

ただし、空気に触れてから時間が経つと雑菌が繁殖する可能性があるから注意してね。

注ぎ口やボトルの差込口などは水気があって空気にさらされているから、雑菌が繁殖しやすいんだ。

ウォーターサーバーをより衛生的に使っていくには、日常的なお手入れと年に数回のメーカーメンテナンスが欠かせないよ。

4.ボトルの交換

女性やお年寄りにとって、重たいボトルの交換は大変だよね。

ガロンボトル1本(12L)は約13kgの重量があるから、交換の度に重たいボトルを持ち上げることは結構大変なんだ。

また、配達してもらったボトルをしまっておくための保管場所を確保しなければいけないから、スペース面でも小さなデメリットがあるといえるよ。

ウォーターサーバーにかかる費用と費用を抑える方法を紹介

ウォーターサーバー コスト

ウォーターサーバーの費用相場は月々5,000円前後?

ウォーターサーバーの導入に当たって、まず気になるのがコスト面だよね。

賢くウォーターサーバーを選ぶなら、利用スタイルやトータルコストを考えて比較することが費用の節約につながるよ。

トータルコストの内訳や相場を理解して、節約できる費用を見つけてみよう。

1.お水の代金

ウォーターサーバー 飲料水 調理水

お水の代金は、1L=100円が一般的な相場だよ。

3人家族の場合、ボトル3本(ボトル1本=12L)=36Lのお水を消費するのが平均的だから、1カ月のお水代は3600円ほどになるね。

ただし、料理にもウォーターサーバーのお水を使う場合は4.5~6本=54L~72Lのお水が必要となるから、1カ月のお水代は5,400~7,200円ほどだと想定できるよ。

2.レンタル代

ウォーターサーバーのレンタル代は1,000円が相場だよ。

ただし、メーカーや機器(機能やタイプ)によって前後しやすく、無料のメーカーもあれば500円前後のメーカーもあるよ。

レンタル代が無料の場合はメンテナンス費用がかかる場合が多く、反対にレンタル代がかかるメーカーは定期メンテナンスに高額な費用がかからないなどの特徴があるから、事前によく確認しておこう。

3.送料

お水の配送にかかる送料は、基本的に無料のメーカーがほとんどだよ。

ただし、注文するボトルの下限本数が決まっている場合があるから注意しよう。

お水をたくさん消費しない家庭なら、ボトル1本から送料無料のメーカーがおすすめだよ。

4.電気代

ウォーターサーバーを設置すると平均で1カ月1,000円程度の電気代がかかるよ。

年間では12,000円ほど費用がかかる計算になるけれど、近年では省エネタイプのウォーターサーバーも多くあって、電気代を抑えたい人におすすめ。

5.メンテナンス費用

メンテナンス ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを安心・安全に使っていくためには、メーカーが実施しているメンテナンスを定期的に依頼するのがおすすめだよ。

メンテナンス費用はメーカーによって異なるけれど、無料のメーカーも多いから、まずは多くのメーカーを比較してみよう。

中には、セルフメンテナンスを推奨するメーカーや、修理費用は別途有償となるメーカーもあるから注意してね。

6.初期費用とキャンセル料

契約後、初期費用が必要なメーカーがあるよ。

最近は初期費用が無料のメーカーも増えているけれど、契約期間内の解約でキャンセル料(3,000~10,000円ほど)が発生する場合もあるから注意して。

初期費用として発生する各種手数料や契約期間はメーカーによって異なるから、必ず契約前に確認しておこう。

ウォーターサーバーのトータルコストの相場

 

お水の代金
(3人家族の場合)
約3,600円
電気代 約1,000円
レンタル代 約1,000円
合計 約5,600円

ウォーターサーバーにかかる費用を抑えていくためにはどのような工夫が必要なんだろう?

コスト重視の人は、次で費用を抑える方法を見ていこう。

費用を抑える方法は?コスト重視なら天然水よりRO水

ウォーターサーバーのトータルコストを抑えるなら、天然水よりRO水を選ぶと月額費用を1,000円~2,000円安くできるよ。

費用の削減につながるポイントを、順番に見ていこう。

1.月々の費用の総額

月々の費用には、さまざまな料金があるけれど、無料になる可能性があるのは下の3つだよ。

  • レンタル料
  • 初期費用
  • 送料

これらの費用はメーカーによって有料・無料で異なるから、費用が無料のメーカー(ウォーターサーバー)を選ぼう。

また、メンテナンス料が有料か無料かも確認しておくと、契約期間内の急な出費を避けられるよ。

ただし、各種費用の有無以外にもお水の注文ノルマの有無がメーカーによって異なるから、合わせて確認しておこう(ノルマの詳細については後で紹介するよ)。

2.水の種類と価格

天然水とRO水 コスト

コスト重視でお水を選ぶならRO水がおすすめだよ。

RO水はボトル1本(12L)当たりの価格が1,200円前後、天然水はボトル1本当たりの価格が1,800円前後なんだ。

だから、美味しい天然水を飲みたいという人はその中でも低価格のものを選ぶように気を付けよう。

お水を多く飲めば飲むほど価格差が開いていくから、少ししか飲まないという人は味にこだわって選ぶのも良いね。

メーカーによってお水の注文ノルマは異なってしまうから、下では500ml当たりのお水代で比較してみよう。

 

順位 メーカー名(RO水) RO水の値段 メーカー名(天然水) 天然水の値段
1位 アルピナウォーター 約43円 サントリー天然水 約74円
2位 アクアクララ 約50円 うるのん 約79円
3位 クリクラ 約52円 フレシャス 約80円

※価格は全て税抜き価格です。フレシャスは天然水「FRECIOUS富士」の価格を参考にしています。

3.省エネサーバーを選ぶこと

ウォーターサーバーを使う上で欠かせないのが電気代。

省エネサーバーを選んだ場合、通常1,000円ほどの電気代が1カ月で500円~700円ほどと安くなるよ。

運用面のデメリットと解消方法を紹介

コスト面以外にも、快適にウォーターサーバーを使っていくなら運用面のデメリット解消が欠かせないよ。ボトルの交換やメンテナンスのデメリットを解消する方法を見ていこう!

ボトルの交換が大変!?交換を楽にするボトルからサーバーを選ぶ方法

ウォーターサーバー 軽量ボトル

水ボトルの交換を楽にしたい人は、ボトル下置きタイプのサーバーがおすすめだよ。

ボトルをサーバー上部(胸部あたり)まで持ち上げて交換する場合、力がない人は大変だよね。

そんな時、下置きタイプのサーバーや軽量ボトルタイプのサーバーなら、女性やお年寄りでも簡単にボトルの交換ができるんだ。

各サーバーの特徴を下にまとめたよ!

下置きタイプ
ボトル交換に力を使わないから楽
重いボトルをサーバー下部に置くことで本体が安定する(倒れるリスクを減らせる)
停電時に水が出なくなることがある(汲み上げができない)
軽量タイプ
軽量ボトルなので通常のボトルより軽い
容量が少なく交換頻度が増える

メンテナンス不要?空気中の雑菌の侵入を防ぐ仕組みと自動クリーンシステム

ウォーターサーバー 自動クリーン機能

ウォーターサーバーの衛生面を維持していくためには、定期的なメンテナンスが欠かせないんだ。

忙しくてメンテナンスの手間を減らしたいという人は、ワンウェイボトルで、自動クリーンシステムが搭載されているサーバーがおすすめだよ。

ボトルには以下のような特徴があるから、覚えておこう。

ワンウェイボトル
使い捨てのボトル
水が減るに従って、ボトルが潰れていくため空気中の雑菌の侵入を防ぐことができる
リターナブルボトル
再利用できるボトル
収縮しないタイプのため水が減ると空気や雑菌が混入する(ボトル内で細菌が繁殖してしまう可能性がある)

つまり、空気中の雑菌の侵入を防ぐことができて、内部を自動で掃除してくれるサーバーならメンテナンスの手間を省いて衛生面を保てるということだね。

自動クリーンシステムが搭載されたウォーターサーバーを確認してみよう!

 

メーカー名 ウォーターサーバー名 自動クリーンシステムの特徴
アクアクララ アクアスリム
アドバンス
抗菌加工されたエアフィルターでウォーターサーバー内部を常に清潔に保つ
クリクラ クリクラサーバー
クリクラ省エネサーバー
抗菌パック機能、HEPAフィルター機能で空気中の雑菌の侵入を防ぐ
サントリー天然水ウォーターサーバー サントリー天然水ウォーターサーバー サーバー内に熱水を循環させて雑菌の繁殖を防ぐ
富士の湧水 冷・温両用ウォーターサーバー 1週間に1度、サーバー内部に高温水を循環させ、自動でクリーニングする
オーケンウォーター スクエアサーバー
スタイリッシュサーバー
クリーンエア技術の採用でボトルや冷水タンク内部を雑菌などから守る

ただし、メンテナンス不要のウォーターサーバーでも外気に触れる部分(蛇口、サーバー背面、水受け皿)は自分でホコリや汚れなどを小まめにきれいにしておこう。それもウォーターサーバーを清潔に保つ秘訣だよ。

設置場所に困らない?スリムで小さな卓上ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを導入したいけれど設置場所がない…という人は、卓上タイプのウォーターサーバーがおすすめだよ。

卓上タイプなら狭い部屋でも置き場所を取らずに設置できるから、ちょっとしたスペースを有効活用できるよ。

それに、軽くてお水の量も少ないから、移動や持ち運びが簡単なんだ。高いところに置けば、子どもが倒したり、イタズラしたりする心配もないから安心だね!

ただし、衛生上、床に置くことができないことや選べるウォーターサーバーの選択肢が少なくなってしまうことが卓上タイプの欠点だよ。

ウォーターサーバーを選ぶ時は、自分にとってのメリット・デメリットをよく考えて比較してみよう。

知らないと損する違約金・解約金・ノルマの話

ウォーターサーバーを安心・安全に使っていくには、違約金・解約金・ノルマについての知識を深めておくことも大切だよ。

ノルマありなし?消費量が少ない人はノルマなしかノルマ緩めがおすすめ

ウォーターサーバー 水の使用量

さまざまなメーカーから適切なノルマのメーカーを選ぶには、お水の消費量を把握してライフスタイルから選ぶことが大切なんだ。

注文しやすいからといって注文ノルマなしのウォーターサーバーを選んでしまうと、サーバーのレンタル料がかかってしまう場合もあるから注意しよう。

また、ノルマに満たない消費量の場合、注文ノルマありのウォーターサーバーを選んでしまうと、お水の注文を休止する時に手数料がかかってしまうこともあるから注意して。

家族で使うお水の消費量をきちんと把握して、トータルコストを配慮したノルマの選択が大切だよ。

もしもノルマありのメーカーを選ぶ場合は、少ない注文ノルマで配送周期が長いメーカーを選ぶと失敗しにくくなるからおすすめ。

この機会に、ノルマの有無による特徴や、各メーカーのノルマ有無を確認しておこう!

ノルマなし

水の消費量を気にしなくてよい

お水がなくなりそうな時に注文できるので在庫過多にならない

サーバーレンタル料がかかる

ノルマあり

一定量のお水を飲む場合によい

サーバーレンタル料が無料

注文数が満たない場合は1,000円程度の休止手数料がかかる

定期配送なので消費量がバラバラだと管理が大変

 

ノルマ有無 会社名 サーバー
レンタル費用
注文ノルマ 配送周期
ノルマあり コスモウォーター
クリクラ
サントリー天然水ウォーターサーバー
プレミアムウォーター
フレシャス
うるのん
オーケンウォーター
ワンウェイウォーター
ネイフィールウォーター
無料(一部有料モデルもあり) 2本~
2本~
3箱~
2本~
1箱~
2本~
2本~
2本~
2本~
1カ月/20日/15日/10日
1カ月
毎週/2週/3週/4週
毎週/2週/3週/4週
毎週/2週/3週/4週
2週/3週/4週
1カ月/20日/15日/10日
20日
毎週/10日/15日/20日/1カ月
ノルマなし アクアクララ
アルピナウォーター
ハワイウォーター
1,000~1,500円
572円~
0円~1,000円
なし 自由

※価格は全て税抜き価格 ※アクアクララは、サーバー代ではなく「あんしんサポート料」としてかかる金額

契約前に知っておきたい違約金・解約金の発生と対処法

ウォーターサーバー 違約金

契約期間を無視して解約してしまった場合、高額な解約金(違約金)がかかる可能性が高いから注意しよう。

 

会社名 解約金 休止時の事務手数料
アクアクララ 6カ月以内の解約で3,000円 休止制度なし。長期休止の場合は退会
コスモウォーター 2年以内の解約で9,000円 2カ月以上の連続休止で800円
アルピナウォーター 1年以内の解約で5,000円 無料
サントリー天然水ウォーターサーバー 契約期間内の解約で最大7,000円 2カ月以上の連続休止で1,000円
プレミアムウォーター 契約期間内の解約で10,000円~20,000円 60日以上の連続休止で800円
フレシャス 9カ月未満の解約で15,000円、2年未満の解約で9,000円 2カ月以上の連続休止で1,000円
うるのん 2年未満の解約でサーバー返却手数料10,000円 年3回以上の休止で3回目以降1回につき1,000円
ウォーターワン 2年未満の解約で12,000円 3カ月以上の連続休止は1カ月当たり1,000円
富士の湧水 1年以内の解約で5,000円 無料(2カ月以上の連続休止不可)
クリティア 契約期間内の解約で12,500円~ 2カ月連続の休止で1,000円
ハワイウォーター 1年以内の解約で5,000円 無料
オーケンウォーター 解約金は無料(別途、ウォーターサーバー引取手数料が発生する場合あり 2カ月以上の連続休止で800円
マーキュロップ 半年以内+購入本数12本以下の解約で5,000円 原則、休止不可
ワンウェイウォーター 期間限定内の解約で5,000~14,000円 2カ月以上の連続休止で800円
ネイフィールウォーター サーバー引取料として5,000~9,000円 2カ月以上の連続休止で800円

※価格は全て税抜き価格

メーカーによって解約料金やお水の休止料金はさまざまだよね。

ウォーターサーバーを導入するなら、ほかにも気になる疑問を解決しておこう。

お水が余ってしまった場合

本数を減らして備蓄水として保管するか、可能なら休止の申し込みをしよう。

水漏れが原因でやめるのに違約金が発生した場合

通常の使用で水漏れしている旨をメーカーに問い合わせて相談しよう。

水にニオイがして交換しても、改善されず解約したら違約金が発生した場合

メーカーによってお水の味やニオイ、解約時の規定はさまざまなんだ。

異臭など明らかな異変を感じる場合は、メーカーに問い合わせて相談しよう。

ウォーターサーバーを3年以上使っているのに解約金を支払わなければならない場合

解約金の規定はメーカーカタログやHPから確認できるよ。

解約金が発生するシステムはメーカーによって違うから、契約前によく確認しておこう。

最後にウォーターサーバーのメリット・デメリットについて大切なポイントをおさらいしよう。

  • ウォーターサーバーの費用を抑えるにはお水やサーバーの種類を厳選してトータルコストを削減しよう
  • ウォーターサーバーのデメリットを解消するにはボトル交換・メンテナンス・設置場所について確認してみよう
  • ウォーターサーバーのノルマ・違約金・解約金については事前の確認が必須

ウォーターサーバーはメーカーによってデメリットが異なる場合もあるから、可能な限り自分に合ったウォーターサーバーを選ぼうね。

下のページでトータルコストが安いウォーターサーバーを探してみよう!

>>おすすめのウォーターサーバーはこちら