サーバー君

手軽で便利なペットボトル入りの水!選ぶ際のポイントは?

No4

スーパーやコンビニ、自動販売機などで、最も手軽に購入できる”水”。特にコンビニの水コーナーといえば、お馴染みのロングセラーから最新の商品まで品揃えの幅が広く、飲料用ショーケース全体の中でも決して小さいとはいえない一角を占めています。

スーパーで水をまとめ買いする際や、自動販売機の限られた種類の中から選ぶ場合とは違い、コンビニではその品揃えの豊富さ故に何を選ぶべきか困ってしまう、あるいは最初から選ぶ基準を決めている、という人も多いのでは?
そこで、皆さんんがどのようなポイントに着目して購入する水を選んでいるのか、調べてみることにしました。

【質問】コンビニで水を購入するときの基準は?

【回答数】

4

安全性や美味しさを測る基準にも!知名度=一般的な評価!

アンケートの結果、最も回答数が多かったのは『知名度(CM広告)』です。

  • やはり、一般的に評価の高いものということで、広告を重視します。(50代/男性/公務員)
  • 水のメーカーの知名度があれば、安全に飲める保証があると信じている為。(20代/男性/会社員)
  • 初めて購入するときは、やはり知名度を優先すると思う。やはり、飲んだことがないので味がわからないから。(50代/女性/自由業フリーランス)
  • やはりCMで多く流れているものは、目に多く止まっているので、手にとってしまいます。(30代/女性/専業主婦)

この選択肢を選んだ人の多くが、「知名度の高さ=品質安全性の高さ」と捉えていることがうかがえました。水そのものの知名度というよりも、むしろその商品を発売しているメーカーの知名度が、安心感や信頼感に繋がると考えている人も少なくないようです。
また特にこだわりはなくても、CMや広告で頻繁に目にしている商品を”ついつい”買ってしまうという意見も散見されました。

水そのものの味に加え、香りや採掘地を考慮する人も…

次に多かったのが『味』、次いで『採水地』、『デザイン』の順となりました。

  • やっぱり味が一番です。味に納得すれば、採水地や価格などは、ある程度は気にしません。(40代/男性/会社役員)
  • 最近は味がついている商品がよく話題になっているから。ただの水を飲むより新鮮味がある。(10代/女性/学生)
  • 場所によって味や硬度が相当変わってきます。国内か海外か、国内ならばどの地方か、海外ならばどのあたりなのかで全然違います。(20代/男性/無職)
  • 採水地が日本でないと怖い気がします。国外某メーカーがよく販売中止をしたりしますので。(40代/女性/無職)
  • 荷物にならないように、出来るだけコンパクトなものや、かばんに入るサイズを選んでいます(30代/女性/専業主婦)

『味』を基準にすると答えた人の多くが既に自分の好みを持っているか、一度飲んで美味しかったもの続けて購入したいと考えているようです。水本来の味だけでなく、最近その種類を増やしているフレーバー水を「香り」で選んでいる人がいることも分かりました。
『採水地』へのこだわりは、「安全性の高い場所で採水されているか」、「硬水か、軟水か」という二つに大別され、採水地の近くに住んでいた行ったことがある、という理由から親近感が持てる採水地のものを選ぶという人もいるようです。
『デザイン』派の意見としては「容器の大きさで選ぶ」というものもありました。

水の決め手は『知名度味採水地』…そして『価格』?

コンビニで水を購入する際の基準として最も支持されたのは『知名度』(=安全性)でした。『味採水地』はそれを下回りましたが、三つの選択肢の間に大差はありませんでした。
半数近くを占めた『その他』の回答中で特に目立ったのは『価格』を基準にしているという意見!水自体にこだわらず、なるべく安いものを選んでいる人も多いようです。
あまりに種類が豊富で、お気に入りの商品を見付けるまでには何度かチャレンジが必要になりそうな”水”。「安全で美味しい水を納得できる価格で飲みたい」というのは誰もが持つ共通の願いのようです。これらの基準、ボトル入りの水に限らず、ウォーターサーバー選びなどの際の参考になりそうですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問男女
  • 調査期間:2015年07月28日~2015年08月11日
  • 有効回答数:100サンプル