サーバー君

もしものために!非常時用の備蓄水どうしてる?

illustration

「天災は忘れた頃にやってくる」という諺もありますが、いつ巨大地震が来てもおかしくないと言われている昨今、様々備えをしている人も多いのではないでしょうか。とは言っても、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」じゃないですが、ついつい油断してしまい何も対策していない場合もあるかもしれませんね。
災害が起きれば、復旧までライフラインが使えなくなることもあるので、食料や水の備蓄が大切!今回は水に焦点を当て、その備蓄をしているのかどうか、全国対象に100人の方にアンケートを取ってみました。

【質問】

自宅に非常用の備蓄水を常備してありますか?

【回答数】

10

ペットボトルの水などを常備!6割以上の人は備えあり!!

アンケートの結果、常備してあると回答した人が64人でした。皆さん、用心されているようです。

  • 備蓄といっても2リットルのペットボトルを6本ですが、やはり災害時において最も大切なのは飲料水だと思うので、常備するようにしています。(40代/女性/自営業(個人事業主))
  • 2リットルのペットボトルを箱で買い、用意してあります。その他エコキュートで水のタンクが外にあり、非常時に使えると聞いています。(40代/女性/専業主婦)
  • 災害時の時に必ず必要になると思うのでペットボトルで常備しています。飲料水としてはもちろん、何か洗ったりするときも必要になると思います。(20代/女性/契約派遣社員)
  • 非常用の袋に一応入っています。でも家族部分には足りない気がします。(40代/女性/パートアルバイト)

多くの人が、2リットルのペットボトルを複数本置いて備蓄していました。ドラッグストアなどで安く箱買いもできるので手頃な方法と言えそうです。一人あたり一日に必要な水の量というのがあるので、結構な量の水を保管しておく必要があるかもしれません。
なかには、備蓄はしているものの量が足りない気がするという声もあり、十分な水の確保のためには保管スペースの問題もありそうですね。
給湯器の水タンクが使えるという人もいて、生活用水に活用できるのは助かるのではないでしょうか。

水にも消費期限があるし…。備蓄に積極的でない人も!

備蓄してないと回答した人が36人と、意外と多い結果となりました。

  • 自宅に非常用の備蓄水を常備してません水も腐るのでむだですね。(30代/男性/会社員)
  • 以前はペットボトルを数本置いていたが、期限が切れてしまって料理などで利用してしまい、今は1本もストックがない。(20代/女性/学生)
  • 常備した方が良いのは分かっていますが、防災に関してあまり意識の高い家庭ではないので。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 古くなってしまいそうな気がするので置いてありません。でも、用意すべきものである事は良く承知しています。(50代/男性/無職)

備蓄は必要とは思いつつ、いつまでも置いておけるものではないからと消極的な人もいたり、最初からムダと考えている人も!確かに水にも消費期限があるので、管理をする必要が出て来そうです。期限が切れてしまって料理に使ってしまったという声もあり、いざという時に使えるよう備蓄するには手間がかかってしまうこともありそうですね。
また、防災意識が高くない家庭だからという人もいて、これまで災害が少ない地域であれば危機感を持つこと自体難しい面もあるかもしれません。とはいえ、いつ何時何が起きるか分からないことを考えれば不安ですよね。

防災意識の高い人が多い!でも水の管理や保管スペースの問題も…

自宅に非常時用の備蓄水があるか聞いたところ、常備していると回答した人の方が多い結果となりました。今の時代、災害の心配もあり皆さんの防災意識の高さがうかがえました。多くの人がペットボトルの水を箱買するなど災害に備えているようです。一方で、備蓄水の管理や保管スペースの問題で水を常備していない人も意外と多いことも分かりました。
普段の生活で美味しい水を飲みながら同時に備蓄もできる、そんなことがウォーターサーバーなら可能かもしれません。店舗から自宅まで、重量のある水を運ぶ苦労をする必要もありませんから、ひとつの解決策として検討しても良いかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年11月04日~2015年11月18日
■有効回答数:100サンプル