サーバー君

日本とアメリカの水道水事情を比較

アメリカのお水は意外と安全

日本に来る外国人の人は「水道水をそのまま飲める日本は素晴らしい」なんて言ってくれるよね。

でも決して大げさな話ではなくて、世界のほとんどの国では、水道水をそのまま飲むなんてことはできないんだ。

だから、飲み水用にミネラルウォーターを購入したりしていて、ウォーターサーバなんかも外国で発明されたんだよ。

でも、今じゃそんな水事情も変わってきているんだって!

たとえばアメリカでは、厳しいといわれている日本の水道水の水質基準よりも、さらに厳しい水道基準を設けているんだ。

アメリカは州によって制度が違うから、アメリカ全土でってわけじゃないけど、どこの州でもそれなりに厳しい水質基準を設定していることは確かだね。

アメリカ人は日本の水道水を飲まない?

そんな厳しい水質基準の中で暮らしているアメリカの人は、日本の水道水のことをどう思っているのかな?

アメリカの人に聞いてみると、「日本の水は塩素くさい」って言うんだ。

確かに、日本の水道水は殺菌や消毒のために塩素を入れているよね。

日本人でそれに気づかない人も多いけど、より厳しい水質基準の水を飲んでいるアメリカの人からすると、塩素くささは感じるかもしれないよね。

日本の水道水が世界一は、もはや過去の話

今じゃ、家庭で飲み水としてミネラルウォーターやウォーターサーバーを導入している人も多いよね。

それって、水道水の味じゃ満足できないってことなのかな。

赤ちゃんなんかには安全でおいしいお水を飲ませたいから、塩素くさい水道水は飲ませられないのかもね。

日本の水道水が安全でおいしいっていうのは、昔の話なのかもしれないね。