サーバー君

一日に飲む水の量の目安

どのくらいの量が必要?

ウォーターサーバーの水は、終わったらボトルを交換するのが鉄則。

そこで、気になるのが必要な水の量だね。

多くの水を摂取すれば、それだけ容器の交換も早くなるし、水の費用も高くなる。

逆にあまり水を飲まない場合は、賞味期限が気になるところ。

そこで、一日に飲む水の量を考えてみよう。

成人1人の場合

成人1人当たりの水の量の目安は約2000〜2500mlなんだ。

この量、すごく多く感じるかな?それとも、意外と少ないと感じるかな?

多いと感じる人は、日頃から水分が十分に摂れていない可能性があるから、意識的にたくさん水を飲むように心掛けてみよう。

2〜3人家族の場合

夫婦と小さい子どもが1人という家族の場合で見てみよう。

大人2人で4000〜5000mlが目安になるね。

そして、赤ちゃんの場合は10kgまでだと体重1kgあたり100mlの水分が必要だと言われているよ。

つまり、5kgの子どもは500mlが目安になるね。

もっと成長した10kgを超える子どもなら、1kgあたり50ml程度が目安量になるんだ。

20kgの子どもなら1000mlが必要という事になるね。

1か月で考えてみよう

一人暮らしでウォーターサーバーを設置する場合は、1か月で12リットルを目安に考えるといいよ。

でも、一人暮らしと言っても、自宅にいる時間が長い人と、ほとんど家を空けている人とでは随分消費量が違うよね。

ライフスタイルに合わせて調整することも大切だよ。

3人家族なら一ヶ月で12リットル容器を3本、4人家族なら4本・・・という具合に1本ずつ増やして計算してね。

ただし、家族の中に赤ちゃんやお年寄りがいる場合は、その分摂取量が減ることも忘れないようにしよう!