サーバー君

日本人は硬水が苦手

お水には「軟水」と「硬水」があるって知ってるかな?

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルがどれくらい入っているかによって、硬水か軟水かが分かれるんだよ。

日本のお水はほとんど軟水で、これって世界で見てもとっても珍しいことなんだ。

日本人は軟水を飲みなれているから、急に硬水を飲んだりするとお腹を下したりするんだね。

水を飲んででなぜお腹を下すのか

日本人が海外旅行なんかに行くと、結構お腹を下す人が多いよね。

これには2つの理由があるんだ。

まずは、水の中に細菌やウィルスが入っている場合に起こるもので、衛生環境のあまりよくない国で水道水を飲むとお腹を下すんだ。

もうひとつは、マグネシウムやカルシウムなどが多く含まれている水(硬水)を飲むと起こす水あたり。

現地で販売されている清潔な硬水のミネラルウォーターを飲んでも、この水あたりにはなってしまうから要注意だよ。

日本人が水を飲んでお腹を壊すのは、ほとんどが後者の理由なんだ。

海外旅行の移動や観光で疲れて、胃腸を含めて体が少し弱っているときに、普段飲みなれない硬水を飲んだりするとお腹を壊すには十分な刺激なんだよ。

だから、ある程度海外にも慣れて硬水を飲むと大丈夫だったりするんだ。

硬水はどんな味か

軟水の味になれている日本人からすると、やっぱり硬水の味には違和感があるよね。

苦いというか、とろみがあるというか、とにかく飲みなれない味であることは確かだから、日本のウォーターサーバーではほとんどが軟水なんだ。

硬水が飲みたければ、ペットボトルの硬水を飲むのが最も手軽だね。