サーバー君

粉ミルクを上手に作る

ウォーターサーバーの水は、高品質で安全な水だから、赤ちゃんの粉ミルクの調合にも最適だよ。

そこで、ウォーターサーバーの水で粉ミルクを上手につくるコツを紹介するよ。

1.哺乳瓶と乳首を消毒しよう

赤ちゃんの胃腸は未熟だから、使う哺乳瓶や乳首は毎回しっかり消毒して除菌しておこう。

消毒の方法は、市販の消毒液を使ったつけ置き方法、熱湯で数分間煮沸する方法、専用の容器に入れて電子レンジで加熱する方法などがあるよ。

やりやすい方法を選んでみてね。

2.哺乳瓶にウォーターサーバーのお湯を入れて70°まで自然放熱させる

ウォーターサーバーの温水の温度は、だいたい80〜90°になっているよ。

この温度は赤ちゃんには熱すぎるから、70°まで自然放熱させよう。

サーバーによっては、温水温度が2段階設定になっていて、粉ミルクの調合に丁度よい70°のお湯がすぐに使えるものもあるよ。

3.振ってミルクを溶かす

適量の粉ミルクを哺乳瓶に入れて、70°にまで冷ましたお湯を注ごう。

このとき、お湯を半分くらい注いでから瓶を軽く振り、粉ミルクをよく溶かしておかないと、下の方に粉ミルクが残ってしまうので気をつけてね。

消毒していないスプーンなどで混ぜると雑菌が混ざってしまうから、瓶を軽く振って溶かす方がいいんだよ。

4.体温くらいまで冷ます

作った粉ミルクは人間の体温くらいまで冷ましてから赤ちゃんに飲ませてあげよう。

そして、作ったら早めに飲みきることが大切。

赤ちゃんが乳首を使うたびにだ液が哺乳瓶に入ってしまうから、長時間放置すると雑菌が繁殖しやすくなるよ。

目安は2時間以内だけど、できれば1回で飲みきれる量をその都度作ってあげるといいね。