サーバー君

ミネラルウォーター健康効果

ミネラルウォーターって身体に良いイメージだけど、ミネラルウォーターが健康にどれだけこうかがあるのか、本当に良いのか細かなことまであまり知らないよね。ミネラルウォーターってどんな水なのかを知って、身体に合った正しい飲み方を実践するといいよ!

ミネラルウォーターってどんな水なの?

ミネラルウォーターの定義が知りたい!

ミネラルウォーターの定義といっても、とらえる視点によっていろいろ変わってくるよね。今回はその中から農林水産省が定めた「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」を紹介するよ。

農林水産省が定めた「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」がある

農林水産省が定めた「ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン」によると、ミネラルウォーターは、特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものをナチュラルウォーターと記載すること。

さらに、ナチュラルウォーターの中で、鉱化された地下水を原水としたものをナチュラルミネラルウォーターと記載できる、と定義しているよ。

ミネラルウォーターって実は4種類も分類があるって知ってた?

農林水産省の定義ではミネラルウォーターは以下の4種類に分類されているんだ。

ナチュラルウォーター 特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていないもの。
ナチュラルミネラルウォーター 天然のミネラル分が溶け込んでいる地下水を原水とした天然水。
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターと同じ地下水にろ過、沈殿、加熱処理、ブレンドなど、手を加えたもの。
ボトルドウォーター 水道水や蒸留水など、地下水以外の水を使ったもの。処理方法も限定されていない。

原材料や内容量が書かれているミネラルウォーターは一定の品質が保証されているといえるね!

このように、日本のミネラルウォーターの分類には、しっかりとした定義と基準が設けられているよ。

これらをクリアしなければ「ミネラルウォーター」を名乗ることはできないんだ。これを知るだけでも、日本のミネラルウォーターの安全性が高く、品質も保証されているということがわかるよね。

ミネラルウォーターが身体に与える効果や影響は?

代表的なミネラルウォーターでも9種類あるよ!

ミネラルウォーターには現在約1000種類もの銘柄があると言われているよ。今回は、その中から代表的な以下の9種類を紹介するね。

  • アルカリイオン水
  • 炭酸水
  • 海洋深層水
  • シリカ水
  • 温泉水
  • 純水
  • 還元水
  • バナジウム水
  • 酸素水

これらの水にはそれぞれどのような違いがあるんだろう?

期待し過ぎは禁物だけどメリットがあるよ!

水にはそれぞれ効果・効能があると言われているよ。もちろん、効果の感じ方には個人差があるから、過度な期待は禁物だけど、今回は9種類の水それぞれに期待できる効果・効能の一例を紹介するよ。

炭酸水 ・美容効果
・整腸効果
・血行促進効果
・ダイエット効果
海洋深層水 ・生活習慣病予防
・がん抑制効果
・美肌効果
・アトピー性皮膚炎改善
シリカ水 ・美肌効果
・アンチエイジング効果
・便秘改善
・ダイエット効果
温泉水 ・整腸効果
・疲労回復効果
・美肌効果
・生活習慣病予防
純水 ・動脈硬化改善
・美容効果
・アンチエイジング効果
・デトックス効果
還元水 ・ダイエット効果
・下痢改善効果
・抗酸化作用
・胃腸改善効果
バナジウム水 ・デトックス効果
・ダイエット効果
・脂肪燃焼促進
・糖尿病予防(血糖値を下げる)効果
酸素水 ・ダイエット効果
・疲労回復効果
・アンチエイジング効果
・デトックス効果

赤ちゃんや妊婦さんは飲んじゃダメ?!良いミネラルも内臓未発達だと負担がかかる

水分補給に最適なミネラルウォーターだけど、腎臓が悪い人は負担がかかるのであまり飲まない方が良いと言われているよ。

赤ちゃんと妊婦さんも同じ。内臓の発達が未熟な赤ちゃんにミネラルウォーターをあげてしまうと、下痢をしてしまったりすることがあるんだ。

お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんも、今飲んでいるミネラルウォーターを飲み続けたいという時には、お医者さんの判断を仰ぐようにしよう。

ミネラルウォーターの正しい飲み方は?

1日に摂取すべき水分量の目安は1.0~2.0リットルだけど世代や年齢によって違うよ。

みんなは人間の体の水分保有量を知っているかな?まずは下の表を見てみてね。

新生児 80%
乳幼児 65〜70%
児童・成人 60%

これを見ると、人間の体のほとんどが水で出来ていることがわかるよね。この体内の水分のわずか2%を失っただけで、喉の渇きを感じて、運動能力が低下し始めるんだ。

5%失うと、めまいや頭痛など脱水症状の典型的な症状が現れ始める。さらに、20%以上失うと死に至ることもあるんだ。

だから、夏に限らず1年を通してしっかりと水分補給していくことが大切だね。しかも、体の水分量は歳とともに減少していくから、いつまでも若々しいハリのある肌を保つためにも水分補給はとても大切だと言われているよ。

タイミングは喉が渇いたと感じる前にこまめに飲むこと!

体にとっていかに水が大切なものであるかはわかったけど、水分摂取の仕方はどのようにするのがベストなんだろう。よく、「1日2.0リットルの水を飲むと良い」なんて言われているけど、これにもちゃんと根拠があるんだ。

人間は1日に体重の30分の1の水分が必要だと言われているんだけど、例えば60kgの人なら60÷30=2だから1日2.0リットルの水分補給が必要ということになるんだ。体重÷30の式に自分の体重をあてはめて、みんなも1日に必要な水分摂取量を知っておこう。

でも、水が体に良いからといって、冷たい水をがぶ飲みするのは冷えやむくみの原因にもなるからやめようね。

ポイントは、良質な水をこまめに摂取することだよ。少しずつ飲むことで内臓への負担も減らすことができるんだ。運動や入浴など、汗をかく前にしっかり水分補給することも大切だね。

1日に摂取する水の量を出してみて、「こんなにたくさんの水を飲むのは大変だな」と思った人も多いんじゃないかな。でも、実は水分は食事からも摂ることができているので、そこまで神経質にならなくても大丈夫だよ。

体1日に、1.0〜1.5リットルくらいの水を摂取することを心がければいいと思うよ。

目覚めにコップ1杯が効果的!1日の中でどのタイミングで飲むのがよい?

1日に摂取すべき水の量がわかったら、次は飲むタイミングだよね。
まずは朝起きたらコップ1杯の水を飲もう。人間は眠っている間にたくさんの汗をかいているから、起きた時に水分を補給してあげることが大切なんだ。

さらに、水を飲むことで目が覚めるし、腸の動きも良くなるんだ。

イーストロンドン大学の研究(以下リンク参照)では、コップ1杯の水を飲むだけで脳の回転が14%もアップすることがわかっているよ。まさに、朝一番の水分補給はいいことづくめだね。

ほかに意識して水分補給をした方が良いタイミングは、運動するとき、入浴するとき、寝る前の3つだよ。

運動をすると大量の汗をかいて、体の水分だけでなくミネラルやナトリウムなども失われてしまうので、脱水症状や熱中症にとてもなりやすいんだ。

運動中はもちろん、運動を始める前にも、水やスポーツドリンクなどでしっかりと水分補給をしておこう。

入浴時も同じ理由で、きちんと水分補給してから入るようにしよう。睡眠中は汗や呼吸で大量の水分が失われてしまう。だから、寝る前の水分補給もとても大切なことなんだ。

ミネラルウォーターに関する大切なこと

ミネラルウォーターには品質表示ガイドラインがあって4種類に分類できるよ!

最後に、今までのおさらいをしよう。農林水産省が定めた「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」で、ミネラルウォーターは以下の4種類に分類されているよ。

  • ナチュラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ミネラルウォーター
  • ボトルドウォーター

4種類にはそれぞれ定義と基準が設けられていて、それをクリアできていなければ「ミネラルウォーター」と表記できないんだ。だから、日本のミネラルウォーターは一定の品質が保証されていると言えるよ。

期待し過ぎは禁物だけどメリットがあるよ!

ミネラルウォーターにはいろんな成分が含まれていて、中には健康に関わる効果・効能が期待できる水もあるんだ。

もちろん期待しすぎはダメだけど、美肌、デトックス、高血圧予防、ダイエットなど、自分好みの効果・効能のある水を選んでみるのもいいね。

喉が渇いたと感じる前に適量をこまめに!タイミングと1日の合計摂取量も大事だよ!

絶対に水分補給をして欲しいのは、朝起きた時、運動する時、お風呂に入る時、寝る前だよ。このタイミングを意識しつつ、喉が渇いたと感じる前に、こまめに飲むようにしよう。

自分の「1日に必要な水分の量」は、体重÷30で求めることができるけど、食事からも水分は摂れているので、1日1.0〜1.5リットルの水を飲むことを意識してみよう。

僕たちの健康を支えてくれている水は、本当に大切な存在なんだね。今回紹介したことを頭に入れて、水のある生活を、もっともっと楽しもう!