サーバー君

防カビに効果的!自分でできる『ウォーターサーバーの簡単メンテナンス』とは

ウォーターサーバーを使うなら、カビの発生や繁殖を防いで衛生的な環境を維持したいよね。

だけど、もしカビが発生・繁殖した状態になってしまったら健康に悪影響があるかも…と考えると、ウォーターサーバーを使うことが不安になってしまう。
便利なウォーターサーバーを安心して使い続けられるように、ここではカビを防ぐための工夫を見ていこう。

カビが発生する条件やメンテナンス方法、各業者の衛生対策について知識を深めることができれば、防カビ対策はばっちり!
ウォーターサーバーの正しい管理方法を身に付けて、毎日安心して美味しいお水を飲むことができるので、安心だよ。

ウォーターサーバーに異変?赤いもの黒いもの白いもの

カビといえば水回りの大敵だよね。
お水がある所にはカビが発生・繁殖してしまう可能性が高いから、注意しよう。

自宅で防カビ対策をしていくのであれば、まずは知識をつけてカビの性質を知ることが大切。
カビの種類や特徴を知って、日々の工夫や対策をより身近なものにしていこう。

ウォーターサーバーに見つけた”赤い何か”と“黒い何か”はカビの可能性あり

赤カビ 黒カビ

ウォーターサーバーを使っていて、ピンク色の汚れや黒い汚れが気になるという人は多いんじゃないかな。
その正体は、赤カビ黒カビかもしれないよ。

実は、カビ菌は自然界や食品にも潜んでいるんだけれど、多少の菌が体内に入ったとしてもすぐに健康被害が出るというわけではないみたい。
だけど、カビである以上はお水の味や臭いに悪影響を与えたり、浮遊物となって混ざってしまったりすることがあるから注意が必要だよ。
赤カビや黒カビがどのような特徴を持っているのか学んで、ウォーターサーバーを衛生的に管理していこうね。

赤カビ

赤色酵母菌の一種で、トイレやお風呂に発生するものと同じだよ。
食べ物にも発生する場合があってピンク色で少しぬめりがあるのが特徴。
水あかと間違えられやすいけど、体内に過剰に取り込んでしまうと腹痛や下痢、嘔吐の原因になるから注意しよう。

黒カビ

結露が多い窓や壁、浴室に発生するものと同じだよ。
体内に取り込み続けると喘息やアレルギーの原因になってしまうんだ。
アルコールや高温に弱い特徴があるから、一度発生しても除菌しやすいけれど、タイル目地などの場合は奥深くに菌糸が入り込んでまた繁殖してしまうから、注意しよう。

お水の中の黒い浮遊物

ウォーターサーバーのお水に黒い浮遊物が混ざっていたら、その正体はカビや細菌、汚れの可能性があるよ。
お水が通ってくる部分にカビや細菌が繁殖していると、お水に混ざってしまうんだ。
カビなどの菌はいろいろな場所で繁殖、増殖していくから、日頃からこまめな掃除を心掛けなきゃいけないね。

白い浮遊物の場合は、お水のミネラルが結晶化したものである可能性もあり

ミネラル 結晶
ウォーターサーバーを使っていると、お水に白い浮遊物が混ざってしまう場合があるよ。
白い浮遊物は、お水に含まれるミネラルが結晶化したものなんだ。
だから、万が一飲み込んでしまっても体に悪い影響を与えることはないから安心してね。

ミネラルが結晶化してしまう原因は、空気に触れることや温度変化などさまざまな条件が挙げられるけど、一度結晶化したミネラルはお水に溶けない性質(=不溶性)があるんだ。数あるウォーターサーバーの中でもミネラルが多く含まれているお水ほどこの結晶化が起きやすく、代表的なお水としては天然水が挙げられるよ。
ウォーターサーバーを使っていて頻繁に白い浮遊物が混ざるような場合は、念のため業者に相談した方が安心だけど、たまにミネラルの結晶が混ざっているくらいなら問題はないと覚えておこう。

基礎知識として知っておきたい!こんな条件下でカビは発生、繁殖しやすい

ウォーターサーバーは赤カビ、黒カビが発生する可能性があるということが分かったけれど、そもそもカビが発生してしまう条件は一体なんだろう?
カビが発生しやすい環境について理解を深めて、少しでもその条件を緩和できるように防カビ対策を実施していこうね。

どんな環境?カビが発生しやすい温度、湿度、栄養について

ウォーターサーバー カビ
カビは目に見えない小さな菌(胞子)が繁殖して成長したもの。
目で見えるカビを発見した時はすでにカビが繁殖、増殖しているんだ。

そんなカビの菌は、もともと空気中に漂っているよ。
普段何気なく生活していてもカビが繁殖できる一定条件がそろうと、突然カビの繁殖、増殖が始まってしまうから注意しようね。
ここで、カビが発生する三大条件を詳しく紹介するよ。

カビ発生の3大条件

カビ 発生 条件
1.温度や湿度
温度25℃以上、湿度80%以上
寒く乾燥している冬よりも、暑くて湿度が高い夏(特に梅雨時)に繁殖しやすい
2.栄養になるもの
有機物(ホコリ、皮脂、飛び散った飲食物)を栄養にして繁殖がすすむ
3.空気
カビが発生するには空気が必要
空気が少ない水中ではカビ発生の可能性は極めて低い

カビ発生の3大条件がそろうとウォーターサーバーにもカビがついてしまう可能性があるから、日頃からウォーターサーバーを置いている部屋の環境に目を向けておこう。例えば、洗濯物を室内干ししている時は部屋の湿度が80%を超えやすいから、温度を25℃以下に保っておくことが大切だよ。

そして、一度カビが発生してしまった後でも環境を適切に保つことさえできれば再発を防げるよ。
ウォーターサーバーを衛生的に使っていくためにも、次はカビが発生しやすいパーツについて見ていこう!

ウォーターサーバーのどんなパーツに?カビが発生しやすい場所について

ウォーターサーバーでカビが発生しやすい場所とその理由を詳しく見ていこう。

注ぎ口(コック)

注ぎ口は1日中濡れた状態になりやすい場所だよ。
空気にさらされているから部屋の温度が高くなるだけでカビが発生する可能性があるんだ。

それに、触れやすい場所だからホコリや皮脂がつきやすく、ミルクやコーヒーなどの飲み物も飛び散りやすいよ。
その飲み物が栄養となってしまうと、急速にカビの繁殖がすすむから注意しよう。

受け皿

注ぎ口ほど手で触れることはないけれど、こぼれた水や飛び散った飲み物などが溜まりやすい場所だよ。
ホコリも溜まりやすいから、注ぎ口同様にカビの発生に注意しよう。

お水を交換する時の差し込み部分

ウォーターサーバーによってお水のボトルの交換方法は異なるけれど、交換の際にこぼれた水が原因となってカビが発生しやすいよ。
カビが発生しやすいパーツをより清潔に保つために、次は毎日できるメンテナンス方法を解説するよ!

簡単だから小まめがベター!自分でできる日々のウォーターサーバーのメンテナンスとは

ウォーターサーバーのお手入れ
防カビ対策として自分でできるメンテナンスにはどのような方法があるんだろう?
繁殖力が高いカビの発生を抑えるには、1回の大掃除よりも簡単な掃除をこまめに行うのが効果的だよ。

それに、カビ発生の3大条件である温度や湿度・栄養・空気がそろわないような設置場所の環境を意識することも大切。
導入時に役立つ設置場所の工夫や日々の簡単なお手入れ方法について見ていこう!

カビが好む「湿気」を避けてウォーターサーバーを設置するべし

カビ 乾燥
これからウォーターサーバーを導入しようと考えている人や、設置場所を変えたい人は、カビが発生しにくい環境に配慮していこう。
ウォーターサーバーを設置する上でカビが発生する可能性が低いのは次の2つの条件が最適だよ!

  • 乾燥した場所
  • ホコリの少ない場所

反対に、カビが発生する可能性が高い以下のような場所は、できるだけ避けておくことが無難だね。

浴室付近

毎日、高温多湿になりやすい浴室付近はカビにとって居心地の良い場所。
栄養となるものがあるといつでも繁殖できるような環境だから、ウォーターサーバーを設置するのには不向きといえるよ。

洗濯機付近

湿気が溜まりやすく、汚れの飛散なども気になる場所。細かいパーツにカビが発生してしまう可能性があるから、設置は避けておくことが無難だよ。

水道付近

ウォーターサーバーを水道の近くに設置すると飲み物を準備したり、お手入れしたりするのに便利だけど、真横や真正面は湿気が多いから避けておくと良いよ。それに、料理や食器洗いで油脂成分が飛んでしまうとカビの栄養になるから注意しよう。
ウォーターサーバーをどうしてもキッチンに設置したい場合は、なるべく水道から離れた乾燥しやすい場所を探そう。

部屋干しする部屋

リビング、脱衣所、納戸など、部屋干しする部屋の設置は禁物だよ。特に梅雨時~夏場にかけては気温が高くなるだけでなく部屋干しの頻度も高くなるよね。高温多湿の環境が続きやすい部屋はカビが急速に繁殖、増殖する可能性があるから設置しないよう注意しよう。

ホコリの多い部屋

洋服を脱ぎ着する場所や布製品が多い部屋、活発に動き回る部屋はホコリが多いよ。例えば、脱衣所、寝室、子ども部屋などは他の部屋に比べてホコリが立ちやすいから、ウォーターサーバーを設置するにはちょっと不向き。
どうしても設置したい場合は、こまめな掃除でホコリを溜めないようにするなどの工夫が必要だね。

このほか、ペットの犬や猫が触れてしまうような設置場所も避けておくと安心だよ。
カビを発生させにくい環境、設置場所について配慮できるようになったら、次は自分で行う日々の掃除方法を見ていこう!

ウォーターサーバーの水気は気付いた時にサッと拭きとるべし

水気 拭く
ウォーターサーバーを衛生的に保つには、本体についた水気をすぐに拭き取ることが有効だよ。
カビは、温度や栄養以上に湿った状態を好むもの。気付いた時に水気を拭き取るようにするだけでも、カビの発生確率をぐっと下げることができるんだ。
ここでは、拭き取り掃除をするべきパーツや頻度について、早速見ていこう!

注ぎ口

常に水が出る部分だから、定期的に水気を拭き取る必要があるよ。特にミルクやコーヒーなどがはね返った油脂成分はカビの好物だから、汚れたら拭き取るという気持ちを持っておくことが大切。

受け皿

水や飲み物が飛び散りやすい部分だから、定期的に手入れするのがおすすめだよ。受け皿は取り外して洗える場合が多いから、中性洗剤で洗った後は水気をしっかり乾かしてからセットしよう。取り外せないタイプのものは清潔なタ

オルなどで水拭き・乾拭きをするか、除菌できるシートで掃除するのがおすすめ。

お水を交換する時の差し込み部分

お水の交換時、濡れた部分があればしっかり拭いておこう。きちんと取り付けできていれば勝手にお水が漏れてしまうことはないから、拭き掃除はお水の交換時だけで大丈夫だよ。拭き掃除には必ず清潔で乾いた布を使ってね。

本体

汚れが目に見えにくいけど、実はホコリや皮脂が多くついている部分。清潔で乾いたタオルなどで定期的に汚れを拭き取ろう。背面にホコリやチリが溜まっている場合は、掃除機を使うと楽ちん&時短になるよ。

ノズル

空気にさらされていて水が通る部分だから、高い頻度で掃除しておくのがおすすめだよ。清潔なブラシや綿棒を差し込んで、汚れを拭き取ろう。

水気をまめに拭き取るように心掛けるだけで、高い防カビ効果を期待できるよ。日々の掃除と併せて業者が実施している定期メンテナンスも活用できれば、ウォーターサーバーをより衛生的に使っていくことができそうだね。ウォーターサーバーの業者がどのような衛生対策を行っているのか、次で詳しく見ていこう。

衛生管理が安心なウォーターサーバー3社の衛生対策例を紹介

より衛生的に、より安全にウォーターサーバーを使うなら、評判や口コミだけでなく衛生管理が徹底している業者を選びたいよね。
ウォーターサーバーのカビ対策を考えているなら、専門業者がどのような衛生対策をしているのか知って業者選びの参考にしよう。

業者の衛生対策はウォーターサーバーの機能や関連製品で多く取り入れられているんだ。
ここでは、ウォーターサーバー3社の衛生対策例を紹介するよ!

アクアクララのウォーターサーバーにおける衛生管理のポイント


アクアクララがカビ予防として取り入れている効果的な衛生対策は、長期間雑菌を増やさない製品を使っていることだよ。
エアフィルターなど重要な部位に、「SIAAマーク(一般社団法人抗菌製品技術協議会)」「SEKマーク(一般社団法人繊維評価技術協議会)」を取得している製品を使用しているんだ。
内部に雑菌を侵入させにくく、空気に触れる部分はカビが繁殖しにくい作りになっていることが特徴だよ。

コスモウォーターのウォーターサーバーにおける衛生管理のポイント

コスモウォーターがカビ予防として取り入れている効果的な衛生対策は、密閉型のボトルや独自の特許技術を採用していることだよ。
採用している「密閉型ワンウェイボトル」はボトル自体が収縮して外気を取りこむことがないから、最後まで新鮮なお水をキープできるんだ。
特許技術の「クリーンエア」機能はサーバー内に取り込むわずかな空気まで徹底的にきれいにしているから、天然水はいつでも新鮮だよ。

フレシャスのウォーターサーバーにおける衛生管理のポイント

フレシャスが効果的なカビ予防として取り入れている衛生対策は、温水の循環によるクリーニング機能お水が空気に触れにくい容器を採用していることだよ。
クリーニング機能は温水をサーバー全体に循環させるから、ウォーターサーバーの内部をきれいな状態で保てるよ。採用されている「無菌エアレスパック」は、容器が収縮されるから、お水が空気に触れにくく雑菌による品質低下を防ぐことができるんだ。

ここで紹介した各業者の衛生対策効果は、目を見張るものがあるよね。
これからウォーターサーバーを取り入れたいと考えている人は、参考にしてみてね。

最後に、ウォーターサーバーに発生するカビについて大切なポイントをおさらいしよう!

  • ウォーターサーバーは赤カビ、黒カビが発生・繁殖する可能性がある
  • カビ発生の3大条件(温度や湿度、栄養、空気)の諸環境がそろうとカビが発生・繁殖する
  • カビ発生の条件がそろわないためのメンテナンス方法は定期的な拭き取り掃除が効果的
  • 各ウォーターサーバー業者の衛生対策を知って業者選びの参考にしよう

赤ちゃんのミルクから家族みんなの飲み物まで、ウォーターサーバーは毎日の水分補給に欠かせない存在だよね。
冷たいお水も熱いお湯もすぐに使えるから、暮らしの中で役に立つこと間違いなし!

毎日口にするものだからこそ、今回の記事を参考に、徹底した衛生管理で安心・安全にお水を飲んでいこう。
数ある業者からウォーターサーバーを比較・検討するなら、下のページであなたにぴったりの一台を探してみよう!

>>こだわりのサービス・条件からウォーターサーバーを検索!