サーバー君

ウォーターサーバーを選ぶ前に要チェック!天然水の魅力とは

ウォーターサーバーを選ぶ際は価格やブランドなど基準となるポイントはいろいろありますよね。そしてもちろん、水そのものの種類や質を重視して選ぶ人も少なくないでしょう。
「○○の天然水」などと銘打っているメーカーは多いですが、そもそも「天然水」とは何かはご存知でしょうか?自分に合った水を選ぶためにも、他の水との違いを知っておきましょう。

天然水とRO水

天然水、RO水、ミネラルウォーター、ウォーターサーバー

ウォーターサーバーには、天然水だけでなくRO水を採用しているメーカーも多くあります。RO水とはRO膜処理がなされた水のことで、ROとはReverse Osmosisの略です。これは「逆浸透膜」とも呼ばれる0.0001ミクロンの極薄のフィルターで、このフィルターを通してろ過処理された水のことをRO水と呼ぶのです。ROは非常にろ過力の強い膜で、塩素やカルキなどの除去はもちろんのこと、ウィルスや重金属類、除去が難しいと言われているダイオキシンなどほとんどの不純物を取り除くことが可能です。
しかしミネラル成分まで取り除いてしまい、味に物足りなさを感じてしまうことがあるため、人工的にミネラル分をプラスして販売されていることがほとんどです。国の基準をパスした安全な水であればどこで採水された水でもRO水は作ることができるので、比較的低価格のものが多いのも特徴です。

それに対し天然水は特定の水源を原水として集められた水で、過分なろ過処理は行われていません。大自然が作り出した天然のフィルターによって不純物が取り除かれた清廉な水を使用しているため、RO水のような化学的処理が必要ないのです。もちろん安全のため最低限のろ過や加熱殺菌は行われますが、天然のミネラルが豊富に含まれた身体に嬉しい水と言えるでしょう。

どんな場所で採水している?

ウォーターサーバー、天然水、採水地、南アルプス、富士山、南阿蘇

天然水の採水地は国が定める厳しい基準をクリアし、水質が優れていると判断された地域が選ばれています。各メーカーはその中からそれぞれの基準によって水を選び、ウォーターサーバーで提供しています。
例えばサントリーは南アルプスの水を採用しています。南アルプスの地下で育まれた天然水は硬度約30の軟水で、スッキリとした爽やかな味わいが特徴です。程よいミネラル分でクセがなく、料理にも適していると言われています。
また、富士山麓の天然水も有名です。ここの水は日本アルプスを抜けて富士山まで至った雨や水分が長い年月をかけて富士の麓でろ過された天然水で、モンドセレクション金賞を受賞したこともあるほど評価を受けている天然水です。バナジウムを多く含むので、美容と健康にも役立ってくれる嬉しい天然水と言えるでしょう。コスモウォーターやフレシャスなど多くのメーカーが提供しています。
他にも国内の天然水としては南阿蘇の水もよく知られています。阿蘇の世界最大級のカルデラが清廉な天然水を育み、南阿蘇にはきれいな水が湧き出る場所が点在しています。その中には「水の郷百選」に選ばれた場所もあるほどです。南阿蘇にはブナの原生林が広がり、雨水が地層へと染み込んでいく中で豊富なミネラルが溶け込み、質の高い天然水へとなっていきます。そんな阿蘇の天然水はウォーターワンクリティアなどのウォーターサーバーで楽しむことができます。

水本来の味を楽しみたいなら!

ここまで天然水の質の高さについてご紹介してきましたが、「きれい」という観点から言えばRO水も負けてはいません。化学的に不純物を徹底的に取り除いているので、安全かつ「きれいな水」と言うことができるでしょう。原水となる水も国の基準をクリアしている水ですので、衛生的な面から言えば天然水もRO水もさほど変わりはないと言えるでしょう。
しかしRO水に含まれるミネラルはあくまで添加物であり、その美味しさは人工的に作られたものです。それに対し天然水は雨水や雪が長い年月をかけ、大自然のフィルターを通ってろ過され、地中でミネラルが蓄えられた水です。もちろん飲料水として提供するための衛生処理はなされますが、水そのもの持つ魅力を最大限引き出しています。自然な美味しさを味わいたい、という人には天然水の方が向いているかもしれません。

味にこだわるなら天然水?

天然水、RO水、ウォーターサーバー

今回は天然水について、主にRO水との違いを基にその魅力を紹介しました。どちらもきれいで安全に飲める水には違いありませんが、含まれるミネラル分には大きな違いがあります。よりナチュラルな美味しさを求める人には天然水の方が好まれるのではないでしょうか。天然水も採水地によってさまざまな種類があります。メーカーによっては複数の採水地の水を提供して利用者が好みの水を選べるようにしているところもあります。違いを知って、自分好みの水を選べるといいですね。