サーバー君

ph値から見る美味しい水

ph値でアルカリ性か酸性かが分かる

人が美味しいと感じる水かどうか?は、ph値からも分かるよ。

ph値は、水素イオン指数とも言われていて、アルカリ性か酸性かを示す数値なんだ。

ph=7が中性で、それよりも低い数値酸性、7よりも高い数値だとアルカリ性だよ。

この数値はウォーターサーバーの水を選ぶ時のひとつのポイントになるから覚えておくといいよ。

人間の体は弱アルカリ性だけど・・・

人間の体は弱アルカリ性で、phは7.35〜7.45を保っているよ。

でも、疲れていたり体に不調を感じるときは、体は酸性に傾くんだ。

あとは、普段の食事で砂糖や脂肪分などの酸性食品ばかりを好んで食べていると酸性体質に変化してしまうこともあるよ。

元気で健康に過ごすためには、常に弱アルカリ性を保つことが大切なんだね。

体に欠かせない水も弱アルカリ性がベスト!

人の体に欠かせない水も、やっぱり弱アルカリ性が良いと言われているんだ。

ウォーターサーバーメーカーそれぞれで、いろいろな種類の水を提供しているけど、そのほとんどがph値7前後になっているんだ。

このことからも、人の体にベストなph値が弱アルカリ性ということが分かるね。

弱アルカリ性の水はまろやかで飲みやすい

弱アルカリ性の水は、体に良いだけじゃなくて、飲みやすいということも特徴だよ。

酸性はすっぱさを感じるし、アルカリ性は苦みや渋みが強いんだ。

酸っぱくもなく苦くもない、まろやかで飲みやすいのが弱アルカリ性の水だよ。

要するにph値7前後の水は、体がもっとも「美味しい!」と感じる水ということだね。