サーバー君

ワンウェイ宅配水(使い捨てボトル)

ウォーターサーバーのお水が入っている容器、これは大きく分けて「ワンウェイボトル」と「リターナブルボトル」があるんだ。

ワンウェイボトルは使い捨てのボトルなんだけど、どんなメリットやデメリットがあるのかな?

ワンウェイボトルのメリット

ワンウェイボトルのメリットは、使い終わったあとの容器の処分が楽なことだね。

リターナブルボトルは、飲み終わった容器をウォーターサーバーの業者が回収にくるんだけど、それまで空き容器は保管しておかなきゃいけないんだ。

その点ワンウェイボトルなら、廃棄も簡単でゴミで捨てるだけだから、保管場所で困ることもないよ。

もうひとつのメリット、それは衛生的だということ。

リターナブルボトルも、もちろんしっかりと洗浄除菌をして、衛生状態には十分配慮しているけど、「中古品」であることには変わりないよね。

「他人が使ったボトルは生理的に受け付けない」、そんな人はワンウェイボトルがいいよね。

ワンウェイボトルのデメリット

ワンウェイボトルのデメリット、まずは必ずしも環境には配慮していないということ。

空き容器はごみになるので、エコの観点から見るとあまりよくないよね。

お水の宅配は専門業者ではなく、普通の宅配業者が行うのも、ちょっと不安かな。

専門業者の宅配なら、お水を届けるついでにサーバーのメンテナンスやサポートもしてくれるけど、普通の宅配業者じゃそれをしてくれないからね。

こんな人はワンウェイボトル

ワンウェイボトルに向いているのは、一人暮らしの人かな。

一人暮らしは狭いマンションが多いから、空き容器の保管場所に困らないワンウェイボトルはメリットが大きいよね。

それに、一人暮らしは不在のときも多いから、利便性が高い普通の宅配業者を使えるのは大きいよ。