サーバー君

海外のウォーターサーバー事情

「湯水のように使う」

「湯水のように使う」という言葉、知っているかな。

無駄遣いをすることを意味する言葉なんだけど、今ではとてもそんなことはできないよね。

「水と安全はただ」なんて言葉もあったよね。

日本は安全な国だし、水道の蛇口をひねれば飲み水が出てくることからそう言われていたんだけど、これも過去の話。

警備会社のセキュリティに入っている人も多いし、お水も買って飲む人が増えているよね。

今や、水は買って飲むというのが常識になりつつあるんだ。

海外では飲み水は買うもの

日本のかつての状況を、海外の人はとっても驚いていたそうだよ。

「蛇口から出てきた水をそのまま飲むなんて考えられない」と言っていた人もいたんだ。

今世界を見渡してみても、蛇口から出たお水をそのまま飲める国って、日本を含めても10カ国ちょっとなんだって。

しかも、日本以外の国は「硬水」という種類のお水だから、そのまま飲むとお腹を下す人も結構いるそうだよ。

海外では、飲み水は買うのが昔からの常識なんだ。

スーパーには、日本では考えられないほどの大容量のミネラルウォーターが置いてあるんだ。

アメリカ発祥のウォーターサーバー

日本でも使っている人が増えているウォーターサーバーだけど、これももともとはアメリカで誕生したものなんだ。

アメリカも、水道水の安全基準が高いから水道水をそのまま飲むことはできるんだけど、やっぱり味に問題があるからウォーターサーバーを導入しているんだよ。

その利用率は日本よりもはるかに高いんだ。

ちなみにアメリカで「ウォーターサーバー」といっても通じないから気をつけてね。

アメリカでは「ディスペンサー」って言うんだよ。