サーバー君

ウォーターサーバーの人気ブランドについて

ウォーターサーバーは色々なブランドがありますが、水は大きく分けて「RO水」と「天然水」の2種類に分類されます。水道水などをろ過した「RO水」は安価で、ろ過で失ったミネラルを後工程で添加することで補っており、主にオフィスで多く人気で使われます。

家庭では味も大事。加工しないオーガニックなものが好まれることもあり、ミネラルを豊富に含んだ天然水を選ぶ人が多い傾向があります。色々なブランドのボトルにはお客様の自宅から週に一度回収し、洗浄して再利用する「回収型」と、使い捨てパックで届く「ワンウェイ型」の2種類があります。

ワンウェイ型なら、大きな空ボトルを回収日まで保管しておく必要もなく、自宅にスペースがない方にはワンウェイ型をおすすめします。大きさ、デザインにもこだわるとよいです。

本体のデザインも多種多様

ウォーターサーバーはレンタル品と言えども、部屋に置く以上大きさやデザインも重要なポイント。
最近ではメーカーごとにオシャレなカラーのものやコンパクトなものまで、様々なニーズに合わせたタイプが販売されているので、十分に比較してライフスタイルに合わせたサーバーを選びましょう。

大切なのはトータルコストで選ぶこと

水の単価ばかりに目が行きがちですが、レンタル代やメンテナンス費用など見えないコストが多いのも事実。今ではレンタル料金やメンテナンス費用がなく、固定費のかからないタイプが主流です。

天然水の値段は高くても、トータルコストではRO水より安い商品もありますので、できるだけ固定費が低く良質なものを選ぶのが賢明です。

配送システムも重視すべきです。届けてくれるのは嬉しいですが、常に在宅できるとは限らないですよね。毎週決まった曜日など、お届けのタイミングを指定されることが多い回収型サービスより、家庭では日付も時間も指定できる宅配便配送のほうが、不在時に再配達対応もできて安心です。