サーバー君

RO水というウォーターサーバーの水について

一般的に、ウォーターサーバーで宅配される水の種類には、大きく分けて天然水(ナチュラルウォーターまたはミネラルウォーター)とRO水がありますが、後者の水はどのような水なのかを、ご紹介します。

RO水は純水

RO水は、主に水道水を逆浸透膜という高濃度フィルターでろ過して、不純物を極力取り除いた「純水」に近い水のことです。
比較的、割安なケースが多く、ミネラルなどが添加されたものもあるんですが、含まれる成分が限られていることや、どうしても味が単調になってしないがちで特徴にかけるという難点もあります。 

いったん全ての成分を除去するので、水源を選ばずどこから採水しても一定の質の水が作れるので、主に水道水を使って多くの業者がこの水を採用しているようですよ。

また、ミネラルを添加する前のこの水は、スーパーなどで無料で給水サービスがされていたり、ガソリンスタンドの純水洗車などでも使用されています。

天然由来のミネラルを含んでいる天然水

それに対して天然水は、主に地下水を源泉としていて、人工的に添加したものではなく、さまざまな天然由来のミネラルを含んだ水のことです。採水地によって、さまざまな味が楽しめるし、含まれるミネラルとその効能も変わってくるので、健康を意識する人や味にこだわる多くのユーザーからは、天然水が支持を得ているようですね。

ウォータサーバーの水選び

ウォーターサーバーの水選びには、水自体の種類と違いを知ることも大切です。忙しい現代人の食生活の中では、ミネラルを毎日摂取するのは難しいところですが、毎日飲む水にミネラルが含まれていれば、特に意識することもなく、常にミネラルを体内に取り入れることができます。

水は、毎日飲むものだから、できるだけ体に良くておいしいと思えるものを選びたいものですね。