サーバー君

RO 水とは、RO 膜(逆浸透膜)でろ過した水。天然水との違いと比較

突然だけど、RO水と天然水、水道水の違いって知ってる?
RO水と天然水は、全くの別物だよ。RO水は、不純物を取り除いた安心安全なお水で、あとからミネラル分を添加して味を調整しているんだ。

成分や特徴が違うので、目的によってRO水と天然水を使い分けることができるといいよね。
今回はRO水と天然水を比べながら、どう違うのかをわかりやすく説明するよ!
また、RO水は浄水器で作るか、ウォーターサーバーで頼むか、どちらがいいのかも紹介するから参考にしてね。

RO水とは?天然水とRO水の違いは?より安全性が高いのはRO水

RO水は、RO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な純水

ウォーターサーバー、RO水、RO膜

RO 水は、水道水などの原水をRO 膜(逆浸透膜:Reverse Osmosis Membrane)という、超微細な膜でろ過した水で、限りなく不純物を除去した水のことを言うよ。

RO 膜の孔は 0.0001 ミクロン。このフィルターでろ過すると化学物質や菌などの不純物を限りなく除去することができ、純水に近い状態になるんだ。

水の成分をほとんどろ過してしまうため、原水の成分は関係ないんだ。
といっても純水だと味がなくてかえって飲みにくかったりもするので、RO水を作ったあとにミネラル分を添加して味付けをしているというわけ。
詳しくは、別の記事「安心安全!?RO水ってどんな水?」で解説しているよ!

RO水は水槽で使う飼育水としても使える!PH調整も簡単

RO水、水槽、金魚、カルキ抜き

純水である RO 水は、不純物が少ないため飼育水として利用ができるんだ。
RO 水はろ過をして作っているため、カルキ抜きの手間が省けるため、とっても便利だよ。栄養剤の添加やPH調整もやりやすいんだ。

PHって何?って思ったら、ぜひ「美味しい水ランキング(ph値、硬度、ミネラル成分)」の記事も読んでみてね。

といっても、ミネラルなども少なく、痩せた水であることは事実なため注意が必要だね。
飼育水として使いたい方は、「無料利用できるスーパーの RO 水のメリット・デメリットと飲料水・飼育水利用の際の導入ガイド」も参考にしてみてね。

天然水とRO水の違いは?採水地・ろ過処理方法・ミネラル成分など特徴を比較

 

天然水と、RO水の違いを説明するよ。

RO水、天然水、ミネラル
天然水は天然に含まれているミネラルで、RO 水は後からミネラル成分を添加しているんだ。
天然水は特定水源から採水された地下水などを、ろ過・沈殿・加熱殺菌など必要最低限の処理のみを行った水だよ。水源ごとに地質が違うので、ミネラル量に変化が出て味の違いが出るというわけ。

RO 水は水道水などを RO 膜というミネラル成分まで取り除く、ろ過力の強い膜で処理したものなので天然水とは全く違うんだ。だから、ミネラル分を添加する前のRO水は、純水な水で、不純物がほとんど入っていないよ。

RO水は人工的に処理を行った水だから、天然水と比べて品質がとても安定しているよ。

RO水以外のイオン交換水、純水、蒸留水などの精製水

RO 水以外にイオン交換水、精製水、蒸留水などの純水があるよね。でもこの三つはそれぞれ作り方が違うよ。
どうして三つとも純水と呼ばれるのかというと、純水とは不純物を取り除いた水であるため「純水」と呼ばれているんだ。
ただし、不純物の取り除き方が違うというわけ。

イオン交換水は、原材料の水の金属イオン(陽イオン)を水素イオンに、アルカリイオン(陰イオン)を水酸イオンに置き換えて作るよ。金属イオンでなく、アルカリイオンでもない有機物を取り除くことはできないんだ。工業用の器具を洗う時に使ったりするよ。

蒸留水は、理科の実験でも作ることがあるよね。水を沸騰させると、水蒸気が上がって、水滴がつくよね。水が沸騰する温度で気化してしまう成分は、沸騰させるとなくなってしまうよ。沸騰させて、気化した水をもう一回冷やして雑菌やミネラル分を取っているというわけ。飲料水にもなっているけれど、蒸留水は精製水としても販売されているんだ。

精製水は、コンタクトレンズの洗浄にも使うお水だね。蒸留やイオン交換など、いくつかの方法を組み合わせて不純物を除去したお水のことをいうよ。でも、統一された定義がないので、メーカーが独自に「精製水」って言っているんだよ。
つまり、それぞれに特徴があり使用用途が違う、っていうことだね。

RO水を飲むならウォーターサーバーと浄水器どっちがおすすめ?

RO水にこだわるならウォーターサーバー!徹底した不純物の除去

RO 水のウォーターサーバーの方が浄水器の水より不純物の除去率が高いんだよ。
家庭用浄水器はほとんどが活性炭と中空糸膜、そして不織布を組み合わせた簡易的なものが多いから、ウォーターサーバーのようなRO水を作ることはできないんだ。
RO水を作る浄水器も売られているけれど、かなり高額だよ。

RO水そのものは純水だから味がほとんどしないんだけれど、ウォーターサーバーのRO水は、不純物を除去したあとにミネラル分を添加して飲みやすくしているよ。
家庭用の浄水器でRO水を作るにしても、ミネラル分の添加って難しいよね。RO水にこだわるなら、ミネラル添加などで味を調えているウォーターサーバーメーカーのRO水がおすすめだよ。

詳しくは「おすすめの RO 水ウォーターサーバーを紹介!天然水などと比較して安全性が高いのは RO 水!」を読んでみてね。

コストがかかるのはどっち?浄水器は初期費用が高い

RO水を家庭で作りたいという人もいるかもしれないね。
でも、一般家庭での利用なら、RO水を作れる浄水器はトータルコストが高くなってしまうことが多いんだよ。

まず、RO水を作れる浄水器は初期工事費が高額な場合があるんだ。メンテナンス費用がかかることもあるし、契約期間が長く設定されていたり、撤去費用が必要な場合もある。浄水器でRO水を作るっていうのは、あまりお手軽ではないね。

手軽に RO 水を飲むなら、ウォーターサーバーが設置も撤去も簡単でおすすめだよ。もっとコストのことを知りたい!っていう人は、「RO 水・ウォーターサーバーと浄水器 どっちがおすすめ? RO 水の魅力と毎日費用を 抑えて飲む方法を紹介するよ!」を読んでみてね。

おすすめのRO水が飲めるウォーターサーバーランキング

安く手軽にRO水を飲みたい!という人に、おすすめのRO水を紹介するよ。

1クリクラ



宅配エリア全国(沖縄県、離島を除く)
注文単位12L(1,250円)×1本~(税別)
水の価格(500ml換算)52円~
サーバーレンタル料無料(3カ月で6本未満の利用の場合、1000円/月)
電気代約1,000円/月~
月額費用2,250円~

(注文単位+レンタル代+電気代=月額費用。メンテナンス料金は含まれていません)

どれくらいRO水を飲むかわからないというときでも、1本から注文できるのでいいよね。サーバーレンタル料が無料(条件あり)というのも魅力!

2アルピナウォーター


宅配エリア全国(沖縄県、離島を除く)
注文単位8L(686円)×6本~(関東以外は3本~)
12L(948円)×3本~(初回は4本~)
18.9L(1,477円)×2本~(初回は3本~)
(すべて税別)
水の価格(500ml換算)39円~
サーバーレンタル料572円/月
電気代1000円/月~
月額費用4,416円~(12Lで計算。地域や種類で変動)

(注文単位+レンタル代+電気代=月額費用。メンテナンス料金は含まれていません)

アルピナウォーターは8Lボトルがあるから、一人暮らしにもおすすめ。サーバーレンタル代がかかるけれど、メンテナンスとして2年に一回丸ごと交換されるので安心して長く使えるよね。

3エフィールウォーター


宅配エリア関東 北陸 関西 四国
注文単位11.3L(1,400円)×3本~(税別)
水の価格(500ml換算)62円~
サーバーレンタル料1,000円/月(メンテナンス費含む)
電気代1,000円/月
月額費用6,200円~

(注文単位+レンタル代+メンテナンス代+電気代=月額費用)
エフィールウォーターは、北海道知床半島羅臼町の海洋深層水のミネラル成分をRO水にブレンドしているよ。ミネラル分が豊富で美味しいからとっても飲みやすいんだ。飲み終わったボトルを回収してリサイクルしているのもいいね。


まとめ

RO 水は、RO 膜(逆浸透膜)でろ過した水で、限りなく不純物を除去した水のことを言うよ。RO 水はRO膜で不純物を除去するけれど、天然水は採水された地下水を、簡単なろ過と加熱処理をして作っているんだ。RO水を飲むには、価格面でも、品質面でも、ウォーターサーバーの方が浄水器よりも最適だよ。

おすすめのウォーターサーバーメーカーは、クリクラ、アルピナウォーター、エフィールウォーターだよ!
「お水屋本舗」のサイトでは、あなたにあったウォーターサーバーを探せるよ。RO水を扱っているメーカーは今回紹介したもの以外にもあるから、ぜひチェックしてみてね。

ウォーターサーバー検索をしてあなたにあったウォーターサーバーを探してみてね。

イオン乙金ショッピングセンター店 お水屋本舗