サーバー君

水道水って安全なの?水道水の危険性について考えよう

日本の水道水は諸外国に比べて安全性が高いといわれています。外国に比べると、確かに日本の水道水は安全基準が厳しく、厳正に管理されて各家庭に届けられているかもしれません。
しかし、実際のところ、本当に安全に飲水できる代物なのでしょうか。

水道水はどのように各家庭に届けられているの?

各家庭に届けられる水道水は、水道法という法律によって規制されています。
水道法には細かな水質基準についての定めが記載されており、各家庭に届けられる水道水は必ずこの基準を守らなければならないようになっています。水道法に定められている水質基準は項目が合計51個もあり、すべての基準を満たさなければ各家庭に配水することはできません。水道水はこうした基準を守ったうえで、各地域の水道局によって管理され、各々の家庭に届けられることになります。こうした水質基準を満たす水道水を作るためには、源水を殺菌消毒して綺麗にしなければなりません。その殺菌消毒の過程で使われているのが塩素です。塩素は水道水の安全性を確保するために欠かせないものなので、各家庭に届けられる水道水には必ず塩素が残っていなければならないと定められています。
ただ、塩素が多く残留していると味やにおいにも影響を与えるため、地域によっては塩素をできるだけ抑える取り組みを行っている自治体もあります。

水道水に含まれる危険な物質について

このように、塩素濃度をコントロールするなどして、安全だけでなく味やにおいなどにも配慮されている水道水ですが、やはりそのまま飲料水として口にするのは控えた方が賢明かもしれません。
なぜかというと、たとえ塩素濃度を抑えている水道水であっても、残留塩素による人体に対する悪影響を否定することはできないからです。塩素によってなぜ病原菌を死滅できるかというと、塩素にはたんぱく質を破壊する作用があるからです。その作用によって病原菌を除去できるまでは良いですが、人がそれを口にしたときにもたんぱく質を破壊する効果を及ぼしてしまうことがあります。特にアトピー患者は水道水の残留塩素の影響を受けやすいといわれています。塩素が含まれた水を飲むと、食道や胃の粘膜が破壊され、体内のバリア機能が衰えてしまいます。すると免疫力が弱くなってしまうので、アトピー患者にとっての大敵であるほこりから身体を守れなくなってしまいます。また、塩素で水道水を消毒する過程で生じてしまうトリハロメタンという物質も危険です。トリハロメタンは発がん性物質というだけでなく、中枢神経や腎臓・肝臓などにも悪影響を与えるとされています。水道水にはこうした危険物質も含まれているので、飲水として使用する際にはくれぐれも注意が必要です。

水道水で粉ミルクを作る危険性とは

赤ちゃんは成人に比べると免疫などのバリア機能が弱い傾向にあります。そのため、塩素濃度の高い水道水を飲ませることは危険かもしれません。前述の通り、塩素はたんぱく質を死滅させる作用があります。
もちろん、水道局によっては塩素濃度をできる限り抑えていることもありますが、源水の汚れが特にひどいような地域では、残留塩素がとても高いということも考えられます。塩素濃度には残っていなければならない最低限の基準はありますが、上限というものが法律には定められていません。つまり汚れた水を殺菌するために、塩素を大量に使用している水道水も中にはあるかもしれないということです。そのため、免疫力がもともと弱い赤ちゃんに胃腸などのバリア機能を低下させる恐れのある水道水はやはり危険が大きいというべきではないでしょうか。
また、粉ミルクを作る際は、水を温めてから混ぜるのが一般的です。これは沸騰による殺菌作用を見越してのことですが、実は発がん性物質であるトリハロメタンは沸騰時に最も量が増えるという性質を持っています。雑菌から守るために沸騰させているのに、かえって有害物質が増えてしまっては元も子もありませんよね。粉ミルクを作るときは、できるだけ水道水を避け、純水やミネラルウォーター、またウォーターサーバーなどの安全な水を使うことが大切です。

水にこだわりを持とう

水道水は確かに厳しい基準を守っている水なのかもしれません。しかし、残留塩素やトリハロメタンなど、大きな問題を抱えている水でもあります。
また、どれだけ厳しい水質基準が定められていても、水道管が錆びていたりすればまた安全性に疑問符を打たなければなりません。人間に限らず、多くの動物にとって水は貴重な資源です。特に人間の身体はおよそ60%が水分でできているといわれるほど、人間と水の関係は切っても切り離せません。だからこそ、こだわりを持って水のことを考えましょう。