サーバー君

もう後悔しない!二日酔いにならないために知っておきたい事

皆さんお酒はお好きですか?私は大好きです♪
だけど、楽しい飲み会の後に、必ずと言っていいほど現れるアイツ…
そう!! 「二日酔い」!!
頭は痛い、胸はムカムカ、体はダルーイ。人によって症状は三者三様ですが、お酒を飲む人は一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
快適な飲酒ライフを送るために、二日酔いの不安を徹底的に解消しちゃいましょう。

なぜ二日酔いになるの?

そもそも、なぜ二日酔いになるのでしょうか?
症状と原因について、考えてみましょう。

二日酔いの症状
よくある症状として…

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • ノドが乾く
  • 体の火照り
  • 体のだるさ

人によって症状は様々ですが、皆さんもきっと経験があると思います。
そのほかにも症状は、様々です。
ではなぜ、そのような症状が起こるのでしょうか?

二日酔いの原因

アルコールを摂取すると、アルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドという物質に変化します。
さらにアセトアルデヒドは、酢酸へと分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されることにより体の外へと排出される仕組みとなっています。

このアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、その毒性により引き起こされる症状と、アルコールの利尿作用による脱水や低血糖、飲酒による胃や腸の障害が、二日酔いの症状と言えます。

飲みすぎた翌日に起こる謎の痛みの正体は?

飲みすぎた次の日に、体の節々が筋肉痛のように痛くなるという経験をしたことはないでしょうか。
酔って暴れっちゃたから筋肉痛かな?
いいえそんなことはありません。

飲酒後の体の痛みには 『 急性アルコール筋症 』 という、れっきとした名前があるのです。
この急性アルコール筋症は、別名アルコール性ミオパチーとも呼ばれます。アルコールの分解過程で、ビタミンと水分を使用することにより、体内でビタミンと水分が不足し、これによって筋肉や筋繊維を破壊します。
これによって、ジムで体を追い込んだ後の筋肉痛のような痛みが発症するのです。
さらに、長期的に過度のアルコールを飲み続けると、慢性的になることもあり、極端にお酒が弱い人や、大酒飲みに多く見られます。

二日酔いになりにくい人となりやすい人がいるって本当?

日本人はそもそもお酒が弱い

私たち日本人は、モンゴロイド(黄色人種)という人種に分類され、お酒が弱い体質とされています。

ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)にはアセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があり、日本人の約半数は、生まれつき「ALDH2」の活性が先天的に弱いもしくは欠けています。
簡単に言うと、アルコール分解物質のアセトアルデヒドを分解するのが速やかでないため、少量のアルコールでも悪酔いしやすい、お酒に「弱い」体質です。これに反して白人(コーカソイド)や黒人(ネグロイド)にはあまりみれらることはありません。
お酒の「強い」「弱い」は遺伝による生まれつきの体質からくるものだったんですね。

お酒の強さに男女差がある!?

かつての日本では、飲酒を習慣にしているのは男性のほうが多く見受けられました。
男性のほうがお酒が強いイメージがありますが、今ではCMで女性がビールをごくごく飲んでいたり、女子会でお酒を飲むことも少なくないですよね。
実際のところはどうなのでしょうか。

女性のほうがアルコールによる病気になりやすい

例えば、男性と全く同じ量のアルコールを摂取したとしても女性のほうが、肝硬変やアルコール依存症になりやすいとされています。
理由として、女性のほうが血液中のアルコール濃度が高くなる傾向があるため、体にかかる負担も多くなります。肝臓の大きさや筋肉量、脂肪量、体重など体のつくりが関係しているのです。

女性ホルモンとアルコール

女性ホルモンであるエストロゲンは、アルコールを分解する肝臓の動きを鈍らせてしまうため、酔いが回りやすいとされています。
特に月経前は体内でエストロゲンが活発化するため、更に注意が必要です。
女性の社会進出も相まって、お酒の消費量は男女さほど変わりはなくなりました。
現に、お酒が強いといわれる女性は、皆さんの周りにもいるのではないかと思います。
しかし、女性のほうがアルコールによる病気のリスクが高いことも覚えていて下さい。

お酒の「強い」「弱い」は遺伝子や体のつくりが関係しているんですね!
自分の体質に合わせて、うまくお酒と向き合いましょう。

簡単にできる二日酔い対策(飲酒前)

それでは、どうすれば二日酔いに悩むことなくお酒を飲むことができるのでしょうか?
お酒を飲む前にできる対策方法をご紹介いたします。

脂肪分、炭水化物を摂取する

バターやオリーブオイルなどの脂肪分やお米などの炭水化物を飲む前に摂取するだけで、格段にアルコールの吸収速度や胃への刺激を軽減することができるため、肝臓に負担をかけないでお酒を楽しむことができます。
牛乳を飲むというのも、耳にしたことがあると思いますが、科学的な根拠はないようです。

栄養ドリンクを飲む

二日酔いに効果があるとされる栄養ドリンクを飲むというのも効果的で、アセトアルデヒドの分解を促進してくれます。

簡単にできる二日酔い対策(飲酒中~飲酒後)

チャンポンはしない

ついつい飲みの席で気分が上がって、やってしまいがちなお酒のチャンポン。
複数種類のお酒を同時に飲むことは、味の変化によって新鮮味を感じてしまうので、飲酒のスピードや量を増やすことにつながるので、危険です。
自身の酒量を把握するためにも、避けたほうが良い飲み方と言えるでしょう。

シジミ汁を飲む 

これは、有名な対策ではありますが、シジミには肝臓の働きを促進してくれる必須アミノ酸が、バランスよく含まれています。そしてシジミに含まれるミネラル分は、肝臓の解毒作用を高めてくれます。
アルコールによって失われた塩分を補うという効果も期待できます。

水を飲む

二日酔い対策に最も効果があるとされているのが「水」です。
アルコールの作用で体内の水分が失われるというのも、二日酔いの大きな要因です。飲酒中にも、飲酒後にも心がけて水を摂取することが大事です。

スポーツドリンクも効果的ですが、飲酒の途中に飲んでしまうと、アルコールの吸収を速めてしまうため、飲むのであれば飲酒後が良いでしょう。

就寝前に、コップ一杯の水を飲むだけで、睡眠中の脱水を防ぐことができます。

やってはいけない解消法

迎え酒をする

迎え酒は二日酔いになった時に、少量のお酒を飲むこと。
これは単なる気のせいです。血中のアルコール濃度を高めて感覚が麻痺するため、楽になったように感じる場合もありますが、これはアルコール依存症の入り口になりかねないので、最も避けるべきでしょう。

無理やり吐く

吐くことで胃の中のアルコールは軽減されますが、吐くことで体はまた脱水症状を起こします。
また、指を突っ込んで無理やり吐くのは、喉や気管支を傷つける可能性があるため、絶対にやめましょう。

お風呂に入る

これは全部が間違いではないですが、アルコールを含んだ体のまま、いつも通りの熱いお風呂に入るのは、急激に血行が良くなるため危険です。
二日酔いの日はたっぷりと水分を摂りながら、ぬるめのお湯にじっくりと浸かって無理なく体を温めましょう。

二日酔い豆知識

それでも二日酔いから向けだせないという方のために、最終手段はこちら!

二日酔いに効くツボ

期門(きもん)

両乳頭の真下と肋骨が交わるところにあります。
右の期門に両手の人さし指、中指、薬指、小指を重ねてあて、そのまま上体を倒して刺激しましょう。

健理三針区(けんりさんしんく)

手のひらの中央、やや手首寄りのところにあります。
親指で両手とも少し強く揉むか、10本ほど束ねた爪楊枝で優しくつつきましょう。
場所を覚えておくだけで手軽にできるのでおすすめです。

しつこい二日酔いは点滴で一発回復!?

皆さんは「点滴バー」というところがあるのを知っていますか?
体の状態によって、様々な点滴の中から選んで打つことができます。

病院によって様々ですが、二日酔い予防、撃退どちらにも効果的な方法といえますね!
色々試したけどダメだ…なんて方も、この最終兵器があるのを覚えておくと、もう二日酔いも怖くない?

カフェ感覚で通うことができるのも魅力の一つです。

まとめ

お酒を飲む時間は楽しいですが、二日酔いはトラウマもの。
少しの工夫と心がけで、二日酔いは防ぐことができます。
自分と、自分の体のためにも、心にとめておきましょう♪♪

2018年5月新店舗情報!イオンスタイル笹丘にお水屋本舗

お水屋本舗 イオン乙金ショッピングセンターにてお待ちしております。あなたのウォーターサーバー選びをお手伝いいたします!

ウォーターサーバー比較のお水屋本舗がイオンスタイル笹丘に三日限定OPEN!

場所はイオンスタイル笹丘の正面入り口にございます。
≫ お水屋本舗 イオンスタイル笹丘の詳細はこちらからどうぞ

すでにウォーターサーバーを利用の方にはお得な乗り換え方法をご提案しております。毎月の出費を抑えられるかもしれませんよ!
お水屋本舗のスタッフにお気軽にご相談してみてください。

お水屋本舗 イオンスタイル笹丘にお水屋本舗がやってきた!2018年5月18日(金)・19日(土)・20日(日)

お水屋本舗 イオンスタイル笹丘にお水屋本舗がやってきた!2018年5月18日(金)・19日(土)・20日(日)