サーバー君

水道水をろ過して使う(浄水器一体型)ウォーターサーバーと宅配水のウォーターサーバーどっちがおすすめ?より安全で美味しく、使い勝手がよいのは宅配水のウォーターサーバー

水道水をろ過することができる「水道水ろ過型ウォーターサーバー」は、水道水を使うのだから安いと思えるかもしれないね。
本当に安いのかな? 初期の工事費用や撤去費用を必ず確認しよう!
価格面、気になる安全性や味を「宅配水のウォーターサーバー」や「ペットボトルの水」と比較してみたよ。 意外と知らない水道水・天然水・ミネラルウォーターの違いについてもまとめたから、ぜひ参考にしてね!

水道水ろ過型(浄水器一体型)ウォーターサーバーと宅配水のウォーターサーバー、ペットボトルの水の比較

【水道水ろ過型(浄水器一体型)ウォーターサーバー】水を大量に使用する方におすすめ!初期工事費用や撤去費用が比較的高め

水道水ろ過型、浄水器一体型、水道直結型サーバー、水道水補充型サーバー
安全なお水が飲みたい!と思った時に、ウォーターサーバーを思いつくかもしれないね。
水道水ろ過型(浄水器一体型)ウォーターサーバーには、水道管とサーバーを直接つなぐ「水道直結型サーバー」とサーバーに自分で水道水を注ぐ「水道水補充型サーバー」があるよ。

水道直結型サーバーは、もともと家についている水道管を分岐させて、ウォーターサーバーを接続するよ。サーバーのレンタル費用の他に、初期の工事費用が必要で、 契約期間が長いケースもある。さらに、引っ越しの際には移動費用や撤去費用がかかるケースがあるので注意しないといけないよ。また、定期的なメンテナンスが必要だし、水道が止まってしまったら使えないから、備蓄水としては使えないね。
長く使っているとホースの中に雑菌が繁殖してしまうこともあるので、要注意だよ。

水道水補充型サーバーは、水道水をサーバーのタンクに入れて使うよ。自宅の水道水が使えるので便利だけれど、補充が面倒だね。 タンクをこまめに洗う必要があるし、水道が止まってしまったらタンクにたまっている分だけしか使えないので、災害用の備蓄水としては使えないよ。安全性という面では、うっかりタンクの洗浄を忘れてしまうと雑菌が繁殖するから注意が必要だよ。

どちらのタイプも浄水方法はメーカーによって違い、活性炭フィルターや中空糸膜タイプのもの、逆浸透膜(ROフィルター)などさまざまあるんだ。割高だけれど、選ぶなら不純物をほとんど除去してくれる逆浸透膜(ROフィルター)タイプのものがいいね。

長期的に大量に水を使用するなら、水道水ろ過型サーバーがおすすめだよ。
ただし、初期工事費や、メンテナンス費用がかかったり、契約期間が長かったりするケースがあるので、水を大量に使用しない場合はコストパフォーマンスが悪くなるから注意してね。

【ペットボトルの水】持ち運びに便利で、簡単に手に入るが、まとめ買いしないと高い

ペットボトル、ミネラルウォーター、水

ペットボトルの水は持ち運びに便利でコンビニや自販機などで簡単に手に入りやすいよね。ただし、まとめ買いしないと高いよ。
まとめ買いした場合、配送してもらわないと自宅まで運ぶのが重いだけでなく、
水の置き場所でスペースを取られちゃうよ。ただし、水道水がストップしても災害時の備蓄水としても使えるのがいいね。
ペットボトルの水には、天然水やミネラルウォーターなどさまざまな種類があるから、外出などで持ち運ぶ用に使うなら、ペットボトルの水が手軽でおすすめだよ。

【宅配水のウォーターサーバー】コスト・利便性・品質において一番バランスがよくおすすめ!

ウォーターサーバー、宅配

ウォーターサーバーの水には、大きく分けると天然水と RO 水の 2 種類があるよ。水道水ろ過型ウォーターサーバー、ペットボトル、宅配水のウォーターサーバーの3つの中で、宅配水のウォーターサーバーが一番バランスがよくて、おすすめだよ。
宅配水のウォーターサーバーの水は、安全性に配慮した上でパッキングされ、配送もしてくれるから、買いに行かなくてもいいし便利だよね。
水の費用も500ml当たり50円~100円程度と、ペットボトルの水よりも容量あたりの値段が安く、初期の工事費用もかからないから、コストのバランスがいいよ!

設置も、電源コードをつなぐだけだから楽だよ。契約期間も、水道水ろ過型ウォーターサーバーと比べて短く、水の品質についても、美味しいと感じる味に調整されているんだ。水道水を使用しないので、災害時の備蓄水としても使えるのがいいよね。
宅配水のウォーターサーバーがコスト・利便性・品質面で、一番バランスがよくおすすめだよ!
水の品質と味にこだわるなら宅配水のウォーターサーバーがいいね。

そもそも違いは何?水道水・天然水・ミネラルウォーターの違いとメリット・デメリット

【水道水】世界でも稀な「飲める日本の水道水」本当に安全なの?

日本の水道水は、世界でも珍しい「飲める水」だって言われているけれど、本当に安全なのかな?
確かに、公共料金だから値段が安くて、蛇口をひねれば出てくるから手頃ではあるよね。

安全性:日本は水質検査の基準も厳しいよ。でも、リスクは0ではないし、消毒のために混ぜられている塩素の臭いがするよ。
味:塩素の臭いがするために気になってしまう人も多いよね。水道水そのものに問題がなくても、設備が古ければさびっぽい味がすることもあるよ。
栄養素:ナトリウムや、マグネシウム、カルシウムは含まれているけれど、水道水の元になる水を採水している土地によっても違ってくるね。
費用:ミネラルウォーターよりも安いよね。安いといっても、たくさん使うとその分料金は上がるよ。
安全性:消毒用の塩素から発生するトリハロメタン(発がん性物質)や、水道管のサビが、健康に影響があるかもしれないという意見があるよ。水道水の残留塩素を抜くには沸騰させなければならないけれど、そうなるとミネラル分も抜けてしまうんだ。

水道水は、飲用水にできるし、安いというのが魅力的だよね。ただし、水道管の劣化や、塩素消毒の影響も考えると、気になってしまうよね。
とにかく安く済ませたい!という人にはおすすめだよ。安全性については、別の記事「水道水って安全なの?水道水の危険性について考えよう」でも紹介しているので、読んでみてね!

【天然水】天然のミネラルと味にこだわるなら天然水!

天然水って、美味しいというイメージがあるよね。天然水とは、自然の源水を採水してろ過、沈殿、加熱殺菌のみの加工を行った水のことだよ。自然の恵みであるとも言えるよね。
天然水は、採水時のミネラルをそのまま含有していて、天然水本来の味わいがあるよ。

安全性:天然水の採水地、ボトリングの工場は安全に配慮されて、厳重な管理が行われているよ。企業ごとに水質の基準が若干違うけれど、放射性物質の検出の有無などを公表しているよ。
味:採水地ごとにミネラルのバランスが違うので、採水地ごとの味わいを楽しめるね。ほとんどの水は軟水なので、とても飲みやすいよ。
栄養素:ミネラル分が豊富だよ。日本国内の天然水は軟水が多く、料理や飲用にするには軟水の天然水が合うよ。バナジウムなどの希少な成分が入っていることもあるんだ。
費用:宅配水のウォーターサーバーなら500mlあたり70円?100円程度だよ。自宅まで届けてくれてこの価格なので、お店や自販機などでペットボトルで買うと割高だよね。

天然の味とミネラルにこだわるなら天然水がおすすめだよ。天然水についてもっとよく知りたいときは、別の記事「ミネラルウォーター健康効果」 でも紹介しているよ!

【ミネラルウォーター】高い安全性を求めるならミネラルウォーター!

ミネラルウォーターは、自然の源水を採水してろ過・沈殿・加熱殺菌したり、オゾン殺菌や紫外線殺菌などを行い、不純物を除去している水のことを言うよ。
天然性が少し失われてしまうけれど、高い安全性がポイントだよ。ペットボトルになって、市販されているものもあるよね。

安全性:天然水は、天然さを生かすために必要最低限の処理のみを行っているけれど、ミネラルウォーターはさらにしっかり殺菌されている分安全だよ。天然水と同じく、企業ごとに安全管理が厳重にされているよ。
味:殺菌などの過程で、ミネラルが多少抜けてしまうので天然そのままの味ではないよ。でも、殺菌処理したあとにちゃんとミネラルを添加して味を調えているから飲みやすいよ。
栄養素:日本の天然水の多くは軟水だけれど、海外のミネラルウォーターは硬水といってミネラル分がとくに多い水だよ。好みに合わせて選べるのでいいよね。
費用:宅配水のウォーターサーバーの場合、500mlあたり50円?120円程度と、商品によって幅があるよ。

安全性に気を配りたい、目的に合わせて選びたいなら、ミネラルウォーターがおすすめだよ。

水道水・天然水・ミネラルウォーターの特徴

水道水は、世界的に見れば安全性が高いよ。安い飲料水としてはいいけれど、安全性や味の面で気になる場合はあるかもしれないね。天然水は、自然のままの味わいを楽しめるよ。ミネラルウォーターは、しっかり殺菌がされているから安心だね。
水道水ろ過型ウォーターサーバーは初期費用がかかる場合があることや、災害時に使えないなど、デメリットもあるのでおすすめできないよ。おすすめは、一番バランスが取れた宅配水のウォーターサーバーだよ!
「お水屋本舗」のサイトでは、価格や採水地にこだわったウォーターサーバーの水を探せるよ!チェックしてみてね。

イオン乙金ショッピングセンター店 お水屋本舗