サーバー君

ウォーターサーバーのお湯

お湯がすぐに使えるから料理をするときにも便利!

ウォーターサーバーは冷水と温水、どちらもすぐに使えることが魅力のひとつだね。

温水がいつでも手軽に出せるから、、お茶やコーヒーも飲みたいときにすぐ飲めて便利だよ。

それに、料理でお湯を使いたいときも、わざわざコンロで沸かす必要がないから、火口がひとつ空くということだよね。

お料理好きな人や、急いで料理を作りたいときにも助かるね。

ガス代の節約もできるしメリット満載だよ。

どうしてお湯がすぐに出るの?仕組みを解説

便利な温水システムだけど、どうしてすぐにお湯が出るのか不思議に思っている人も多いんじゃないかな?

実は、一般的なウォーターサーバーの内部には、冷水用タンクと温水用タンクがそれぞれ内臓されているんだ。

セットする水ボトルは1つだけだからイメージが掴みにくいかもしれないけど、内部にはタンクが2つあって、それぞれで適切な温度を保てるようになっているんだよ。

温水って何度くらいのことを言うの?

温水と一口に言っても、温度の範囲は広いよね。

ぬるいお湯も温水だし、アツアツのお湯だって温水。

温水はいったい何度ぐらいなのか、気になるところだね。

メーカーによって設定温度が違うから一概には言えないけれど、平均で80〜90度前後になっているよ。

また、4段階温度設定機能を搭載しているメーカーもあって、冷水2段階、温水2段階に分かれているサーバーもあるんだ。

赤ちゃんのミルク調合にちょうど良い70度前後の温水、そしてお茶やコーヒー、料理に最適な80〜90度の温水といった具合に分かれているよ。

各メーカーの温水の温度と、普段どういう使い方をするか、どちらも考えてサーバーを選ぶといいね。