サーバー君

ウォーターサーバーの決め手はボトルにあった!回収型と使い捨て型の比較!

家族の健康を考える主婦を中心に、家庭に設置するウォーターサーバーの人気が高まっています。美味しくて安心・安全な水を毎日、飲み水や料理にも使いたいというニーズで注目を集めていますが、どういう基準で選べばよいの?という声もあります。

ここではウォーターサーバー選ぶ際の重要ポイントの一つである、ボトルの種類についてまとめました。

ウォーターサーバーのボトルは大別して2つある

ウォーターサーバーに水を供給するボトルは大別してリターナブルボトルとワンウェイボトルの2種類があります。いずれのボトルも水を蓄える、サーバーに供給するという役目なのは同じですが、ボトルの配達頻度や、ボトルの利用方法などにそれぞれ大きな違いがあります。リターナブルボトルではリターナル方式といって、ボトルを回収・洗浄し、再利用するといった、回収型(循環型)の方式を採用しています。

それに対してワンウェイボトルはワンウェイ方式(使い捨て型)を採用していて、ボトルの回収はせず、ボトル内の水を使い終わったら、そのままゴミとして廃棄するというものです。どちらの方式にも特徴、メリット・デメリットがあります。それぞれ詳しくみてみましょう。

リターナブル方式(回収型)の特徴

ウォーターサーバー、リターナブル方式、回収型

リターナブル方式の一番のメリットは、ウォーターサーバーを設置している家でボトルのゴミがでないことです。ゴミを出さないということは、地球環境に配慮したリサイクル活動の一環ともいえます。また、ボトルは決して小さいものではありませんし、毎日使えば空のボトルも増えます。空のボトルが出るのと同時に使用待ちのボトルもあるわけですから、家の中がボトルだらけになってしまうなんてことにもなりかねません。家のスペースをとらないリターナブルボトルは、家の中の空間利用にも貢献しています。配達・回収については、地域担当のスタッフが定期的に配送と回収を行うため、手間がいりません。また、新しいボトルの設置やトラブルなどがあった場合に即座に対応してくれる専属スタッフもいますので、アフターケアも心配がありません。

一方で、リターナブル方式ではボトルを再利用しているということから、衛生面が気になるという声もきかれます。ボトルの内部や設置面などは清潔に保たれていなければなりませんよね。リターナブル方式のボトルは、衛生的に万全な環境下で洗浄され、細菌などの付着をしっかり取り除いたうえできれいなボトルに仕上げられ、それから安心な水を充填(じゅうてん)していますので心配する必要はありません。しかし、やはり新品ではないというのが気になる人にはデメリットとなります。

ワンウェイ方式(使い捨て型)の特徴

ウォーターサーバー、ワンウェイ方式、使い捨て型

リターナブル方式が循環型なのに対して、ワンウェイ方式は使い捨て型ですので、ゴミを排出するという点においては地球環境に優しいとは少々言えないかもしれません。

また、ゴミが増えるのと同時に、使用待ちのボトルも控えているところから、家の中におけるウォーターサーバーのボトルの占めるスペースが大きくなり、ボトルで家内を圧迫する可能性があります。そういったデメリットがありますが、反面、ボトルが使い捨てということは、常に新品のボトルが使用できます。ボトルの清潔さ、衛生面での安心感を重視し、さらに他人が使ったものは使いたくないという方には、ワンウェイボトルの方が有効でしょう。ボトルは都度捨てる必要はありますが、やわらかい素材を使っているボトルもありますので、その場合は潰して小さくして捨てることができます。

また、空気が入りにくいという点もワンウェイ方式のメリットで、新鮮な水を飲みたいという需要に合った方式でもあります。新鮮さが売りの天然水では、このワンウェイ方式で供給しているメーカーが多いです。なおコスト面ではワンウェイ方式の方がコストはかかるようです。ワンウェイボトルは常に消費者に利便のいいようにボトルの質や形状などに工夫しているので、ボトルに対してコストがかかる点がありますが、リターナブルボトルはボトルを再利用しているため、ワンウェイほどボトルにかかるコストはないようです。

ウォーターサーバーの導入は、ボトルの方式を決めてから!

ウォーターサーバー、リターナブルボトル、ワンウェイボトル

リターナブルボトルとワンウェイボトルはどちらもメリット・デメリットがあります。その特徴によって、コストにも違いがあります。ウォーターサーバーを設置する際には、まず、リターナブル方式とワンウェイ方式のどちらが自分の家庭に向いているのかを決めてから、メーカーやサーバーのデザインなどについて考えるようにしてみてもいいかもしれません。