サーバー君

安心安全!?RO水ってどんな水?

ウォーターサーバーを導入するにあたり、水の種類に注目して比較検討をしている人は少なくないでしょう。ウォーターサーバーに使われる水はいろいろあり、それぞれ特徴があります。自分好みの水を選ぶためには、その違いについて確認しておくことが重要です。今回はその中から、RO水についてご紹介します。

RO水とは

ウォーターサーバー、水、RO水、ミネラル

ほとんどのメーカーでは、ウォーターサーバーの水には天然水とRO水の2つのどちらかを採用しています。天然水とは国の基準をクリアした採水地で取れた水を原水とし、必要最低限の化学的処理を施して飲料水として提供されている水のことを言います。採水地としては富士山麓、南アルプス、南阿蘇、海外ではハワイなどが有名です。

それに対しRO水とはRO膜O膜処理がなされた水のことを指します。ROとはReverse Osmosisの略で、「逆浸透膜」とも呼ばれる0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターのことです。このフィルターは非常にろ過力が強く、花粉やカルキ、ウィルスや重金属類などほとんどの不純物を取り除くことが可能で、純水を作ることができます。その強力なフィルターはミネラル成分も取り除いてしまいますが、人工的にミネラルはプラスすることができるため、一般にはミネラル分が追加された「デザインウォーター」として市販されています。RO水は安心安全で、かつ味もきちんと調えられている、そんな一石二鳥の水なのです。

放射線物質も取り除く?!

ROの強力なろ過力は放射能にも効果が期待できます。それはROがプルトニウムやセシウムといった放射性物質より細かい膜であるためです。各メーカーによって仕様や状態が異なるため断定はできませんが、一般には放射性物質はROの膜を通り抜けるのが難しいと言われています。福島第一原発以降、東京都市部の水道水から放射性物質が検出されたこともあり、「食の安全」について考える機会が増えた人は多いでしょう。特に放射能は大人よりも子供に影響を及ぼしやすいですから、小さいお子さんのいる家庭では敏感になっているかもしれません。安全面から考えれば、水道水も国の一定の基準をクリアしている水ですから、安全といえば安全です。しかし水道水は雑菌や細菌の繁殖を防ぐために塩素が入っており、これが赤ちゃんや幼児には悪影響をもたらすことがあります。妊産婦に水道水が推奨されないのはそのためです。

天然水は注意が必要・・・

RO水、ウォーターサーバー

天然水も安全面では心配は不要です。厳選された採水地のみで採れた水ですし、天然水が作られるのには何十年、何百年という長い年月がかかります。福島第一原発に近い南アルプスや富士山麓の水は放射能の影響を受けるのでは?と思われがちですが、天然水が作られる長い年月の中で大自然のフィルターによってろ過されるため、不純物はしっかり排除されると考えられています。しかし赤ちゃんに与えるには、天然水にも注意が必要です。赤ちゃんの未発達な大腸では、天然水に含まれる豊富なミネラルやマグネシウムを吸収し切れないことがあるからです。特にマグネシウムには下剤効果があり、大人でも硬度の高い水を飲むとお腹を下してしまうことがあります。また、採取した地域によっては安全基準が水道水より低いこともあるので、天然水は小さい子供に天然水を飲ませるときにはその採水地をよくチェックし、ミネラル含有量や硬度を確認する必要があるでしょう。

安全を第一に考えるなら!

その点、RO水はその成分が人工的にコントロールされているので常に一定の安全性を期待することができます。ミネラルの量も選べるので小さいお子さんがいる家庭も安心ですね。また天然水は加熱処理をせずに、限りなく自然のまま販売されています。もちろん安全で品質が高いからこそできることですが、中には非加熱であることに抵抗を感じる人もいるでしょう。そういった人にもRO水はオススメと言えます。加えてRO水は国の基準をクリアした水なら採水地がどこのものでも作ることができます。そのため比較的低価格で提供されていることが多く、お財布にも優しい水と言えます。

RO水で食の安全を

RO水、安心、安全、食、家族

RO水は強力なフィルターによってろ過処理がされており、ウィルスやカルキ、そして放射性物質までも取り除かれています。もちろん天然水も厳しい審査基準をパスした採水地で採れたきれいな水であり、安全面ではRO水に劣るものではありません。しかしより厳しく、自分の口に入るものを管理したいのならその成分が人工的に調整されているRO水の方がオススメと言えるかもしれません。特に小さいお子さんのいる家庭では食の安全に敏感になっているでしょうから、試してみる価値はあるのではないでしょうか。