サーバー君

二択問題!?同じ安全ならどちらの水が良い?

No13

 

安全な水は人間が生きていく上で必須ですよね。現代は塩素で殺菌した水道水が各家庭に普及し、安心して暮らすことができるよう

になっています。それでも、より安心で安全な水を求めてミネラルウォーターやRO水を購入する人も多いようです。このように、水の選び方は人によってそれぞれの判断がある訳ですが、常飲する水に求めるものを考えるキッカケとして次のような企画を実施してみました!!
ちょっと極端な質問ですが、「無害な大量の薬品で殺菌した水」と「無害な川や滝の水」のどちらを選ぶか、アンケートで調査!さて皆さんの考えはどのようなものだったでしょう!

【質問】「大量の薬品(無害)で殺菌した水」と「川や滝の水(無害)」、常飲するならどちらがいいですか?

【回答数】

13

自然な方が良い!無害な川や滝の水を8割の人が選択!

アンケートの結果、「川や滝の水(無害)」と回答した人が8割となっています。

  • 一度沸騰させると思いますが、薬品を入れている水よりは安全だと思います。大量の薬品で殺菌したとすればそれはもう水ではないような気がします。(20代/女性/無職)
  • 同じ無害である水だとして、薬品から殺菌した水は抵抗があります。(20代/男性/会社員)
  • 無害であるならばもちろん川や滝の水を常飲します。大量の薬品を使うのはいくら殺菌するためとはいえ人体に何らかの影響がありそうで怖いです。(40代/女性/専業主婦)
  • 滝の水を直接飲んで美味しいと感じた経験から、川の水を飲むでしょう。(50代/男性/無職)
  • 多少の雑菌なら(人為的なもの以外)人間もともと耐性があると思っているので。(30代/女性/学生)

無害とはいえ薬品で殺菌した水に抵抗感を持つ人が多く、自然な状態の水を選ぶ傾向がうかがえました。川や滝の水の雑菌を気にする声もありましたが、煮沸することで対応することや、それなりに耐性があるから大丈夫といった考えでなんとかなると思っているようです。無害という前提でも、薬品に対して不安感があり、自然な水に安全なイメージを抱いている人が多いようですね。また、美味しさも選ぶ基準となっていることも意見からうかがえました。

殺菌された水の方が常飲に適してる!選んだ人が2割!

アンケートでは、「大量の薬品(無害)で殺菌した水」と回答した人が2割という結果となりました。

  • 飲んでも無害なら、きちんと殺菌されたものの方が安心できるから。(30代/女性/専業主婦)
  • どんなに無害といわれても、生水を常飲するのは抵抗がある。生水で集団食中毒も発生している。(30代/男性/会社員)
  • 川や滝の水は、いくら無害でも微生物やゴミ、藻などが入っていそうだから。(20代/女性/無職)
  • 生水には虫の卵や菌が混入している可能性があるので、消毒殺菌されている水の方が安心出来ます。(30代/女性/専業主婦)
  • どちらも抵抗はあるけれど、無害なものなら殺菌した水のほうが安心だから。(40代/女性/専業主婦)

川や滝の水が無害と言っても、自然の状態で微生物など含まれることを考えると、薬品でしっかり殺菌した水の方が安心という声が多く聞かれました。自然な水と言っても、思いがけないものが含まれていることの方に不安を感じるのかもしれません。常飲するなら、確実に安全な方を選ぶ傾向が見られました。水に対して、安全なイメージや美味しさより、現実的な安全性を優先させる人も意外と多いようですね。

常飲するなら自然な水を選ぶ人が大半!でも水に求める要素は様々

今回のアンケート結果で、川や滝の水(無害)と回答した人が8割と圧倒的に多いことが分かりました。人間の体に入るものだから、自然な方が安心と受けとめている様子がうかがえました。また少数とはいえ、大量の薬品(無害)で殺菌した水の方を選んだ人もいて、普段飲む水として本当に安全かどうかが大切なようです。安心という言葉は同じでも、安心の基準はそれぞれ違うようです。
でも現実の場面では、水に求める要素はひとつだけでなく、健康に悪影響はないか、美味しいか、といったことなど多くのことが常飲の飲水として選ばれる基準になるのかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問男女
  • 調査期間:2015年07月28日~2015年08月11日
  • 有効回答数:100サンプル